MENU

BitLocker の回復キーを確認・表示する方法 - Windows 11/10

Windows 11/10で、回復キー(BitLocker)を確認・表示する方法を紹介します。

BitLocker(ディスクの暗号化)

BitLocker を使えば、ドライブ(ディスク)を暗号化することができます。

ディスクを暗号化すると、ファイル・フォルダーに承認されないアクセスの防止に役立ち、情報の漏洩を防ぐことができるので、セキュリティを強化することができます。

BitLockerを有効にすると [回復キー] が作成されます。これを使用するとディスクに問題が発生した場合でもファイル・フォルダーにアクセスできます。

ここでは [回復キー] をMicrosoftアカウントで保存した場合の確認・表示方法をみていきます。

BitLocker の回復キーを確認・表示表示する方法は?

BitLocker の回復キーを確認・表示表示する方法は次の手順です。

  1. Microsoftアカウントにアクセスする。

    まずは、「Microsoftアカウント」にアクセスしましょう。

  2. Microsoftアカウントにサインインする。


    ①Microsoftアカウントの「メールアドレス」を入力し、②「次へ」をクリックします。


    ①「パスワード」を入力し、②「サインイン」をクリックします。

  3. BitLocker 回復キーを確認・表示する。


    すると、このように「BitLocker 回復キー」を確認することができます。合わせて他の情報も表示されます。

    • デバイス名
    • キーID
    • 回復キー
    • ドライブ
    • キーのアップロード日
  4. BitLocker 回復キーの削除する。


    回復キーが不要になった場合は「削除」を選択します。


    すると、「この回復キーを削除しますか?」と表示されるので

    回復キーを削除すると、ここからもう一度取得することはできません。pinを誤って入力した場合にこの回復キーがないと、デバイスをリセットする必要があり、これによってデータが失われる可能性があります。削除する前にそのコピーを保存してください。


    ①「この回復キーのコピーを保存しました」にチェックを入れ、②「削除」をクリックしましょう。


    回復キーが削除できました。「OK」をクリックします。

  5. BitLockerを無効にする。

これで Windows 11/10 BitLocker の回復キーを確認・表示する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事