MENU

Windows 11/10 – 「GodMode(神モード)」の作成方法と使い方

Windows 11/10 のGodMode(神モード)の作成方法と使い方を紹介します。

Windows の設定画面には、従来からある「コントロールパネル」、Windows10から採用されたスタートメニューの「設定」のほかに「神モード(GodMode)」という便利な隠し機能があります。

「神モード(GodMode)」の設定画面は項目ごとの一覧表示になっていて、大変見やすく便利です。ということで、ここではGodModeの作成方法と使い方をみていきます。

GodMode(神モード)の作成方法

まずはGodModeの作成方法をみていきます。

新しいフォルダーの作成

①デスクトップの何もないところで右クリックし
②「新規作成」にマウスカーソルを持っていき
③「フォルダー」をクリックします。

GodModeの作成

すると、このように「新しいフォルダー」が表示されるので

次のフォルダー名をコピーし

神モード.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

このように貼り付けて、Enterキーを押しましょう。

これで「神モード(GodMode)」を使う準備ができました。

GodMod(神モード)の使い方

それでは実際に使ってみましょう。

作成したアイコンをダブルクリックすると

このようにさまざまな設定項目が表示されます。

あとは設定したい項目をクリックすれば、OKです。

GodModeの設定項目
  • BitLocker
  • RemoteApp
  • Windows Defender ファイアウォール
  • Windows ツール
  • Windows モビリティセンター
  • インターネット オプション
  • インデックスのオプション
  • エクスプローラーのオプション
  • キーボード
  • コンピューターの簡単操作センター
  • サウンド
  • セキュリティとメンテナンス
  • ……など

例えば、「ファイアウォールの状態の確認」をクリックすると

このように「コントロールパネル」の「ファイアウォール」項目にジャンプします。

このようにGodModeは、さまざまなコントロールパネルへのショートカットとして利用することができます。

Windows 11/10の使い方

その他の Windows 11/10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Windows 11の人気記事