Windows10 - 「Windowsの設定」と「コントロールパネル」

Last Update:

Windows10 の「Windowsの設定」と「コントロールパネル」を紹介します。


Windows10 からスタートメニューが復活するとともに「歯車(Windowsの設定)」アイコンが追加されました。

この「Windowsの設定」では、システム・ユーザーアカウント・デバイス……などのさまざまな項目が簡単にわかりやすく設定できるようになっています。

従来からある「コントロールパネル」も併設されているので、簡単な設定は「設定」アプリ、詳細な設定は「コントロールパネル」を使うといいかもしれませんね。

また、設定する項目によっては「設定」→「コントロールパネル」、あるいは「コントロールパネル」→「設定」にジャンプするリンクも備わっているの設定したい項目を簡単に探すことができるようになっています。

Windowsの設定

それでは「Windowsの設定」をみてみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

ここでは次のような項目を設定することができます。

  • システム
    ディスプレイ、サウンド、通知、電源
  • デバイス
    Bluetooth、プリンター、マウス
  • 電話
    Android、iPhone のリンク
  • ネットワークとインターネット
    Wi-Fi、機内モード、VPN
  • 個人用設定
    背景、ロック画面、色
  • アプリ
    アンインストール、既定値、オプションの機能
  • アカウント
    アカウント、メール、同期、職場、家族
  • 時刻と言語
    音声認識、地域、日付
  • ゲーム
    ゲームバー、DVR、ブロードキャスト、ゲームモード
  • 簡単操作
    ナレーター、拡大鏡、ハイコントラスト
  • Cortana
    Cortanaの言語、アクセス許可、通知
  • プライバシー
    位置情報、カメラ
  • 更新とセキュリティ
    Windows Update、回復、バックアップ

コントロールパネル


タスクバーのフォームに

cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。


従来からある「コントロールパネル」ですね。

ここでは次のような項目を設定することができます。

  • システムとセキュリティ
  • ネットワークとインターネット
  • ハードウェアとサウンド
  • プログラム
  • ユーザーアカウント
  • デスクトップのカスタマイズ
  • 時計と地域
  • コンピューターの簡単操作
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  8. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  9. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  10. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  11. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)