MENU

Windows10 – 回復ドライブの作成と使い方(USBメモリ)

Windows10の回復ドライブの作成と使い方を紹介します。

回復ドライブ

回復ドライブを使えば、Windowsのスタートアップ修復でも回復できず、PCを起動できない場合でもPCをリセットしたり、問題のトラブルシューティングを行ったりすることができます。

また、回復ドライブを使用してWindowsを再インストールすることができるので、万が一のために作成しておきましょう。

回復ドライブの作成には、16〜32GB以上のUSBメモリが必要です。

Windows10の初期化(リカバリー)

回復ドライブの作成

それでは実際に回復ドライブの作成方法をみていきます。

パソコンにUSBメモリを接続


用意したUSBメモリをパソコンに接続しましょう。

スタートボタンをクリック


「スタートボタン」をクリックすると

スタートメニュー→回復ドライブの作成


スタートメニューが表示されるので、①「Windows管理ツール」→②「回復ドライブの作成」をクリックします。


ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックし、作成を続行しましょう。

回復ドライブの作成


回復ドライブの作成です。


①「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックを入れ、②「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブの選択


①「ドライブは16GB以上のデータを格納できる必要があり、ドライブ上のすべてのデータは削除されます。」とのことです。②「使用可能なドライブ」を確認・選択し、③「次へ」をクリックします。


①「ドライブ上のすべてのデータが削除されます。このドライブに個人ファイルが含まれている場合は、バックアップしているかを確認しましょう。②バックアップを確認したら「作成」をクリックします。

回復ドライブの作成中


回復ドライブの作成中です。次の手順で回復ドライブが作成されます。

  1. ドライブのフォーマット
  2. ユーティリティのコピー
  3. システムファイルのバックアップ
  4. システムのコピー

回復ドライブの作成には、かなりの時間がかかります。

回復ドライブの準備完了


①「回復ドライブの準備ができました」、②「完了」をクリックします。

Microsoftは、作成した回復ドライブを1年に1回再作成することを勧めているので、定期的に再作成しましょう。

回復ドライブの使い方


作成した回復ドライブ(USBメモリ)をパソコンに接続します。

回復ドライブから起動

パソコンの電源投入し、回復ドライブ(USBメモリ)から起動しましょう。

※ USBメモリから起動する方法はパソコンによって異なります。

  • 電源ボタンを押し、「F8」ボタンを連打
  • 電源ボタンを押し、「F12」ボタンを連打
  • 「F3」を押しながら、電源ボタンを押す
  • ……など

「メーカー名 usb boot」といったキーワードで、検索してみましょう。

キーボードレイアウトの選択→Microsoft IME


回復ドライブから起動しました。キーボードレイアウトを選択しましょう。「Microsoft IME」を選択します。

オプションの選択→ドライブから回復する


オプションの選択です。「ドライブから回復する」を選択しましょう。

このPCに接続した回復ドライブからWindowsを再インストールします。個人用ファイルとアプリはすべて削除されます。

回復キーの入力


BitLokcer(ドライブの暗号化)を有効にしている場合は①「回復キー」が必要になります。②回復キーを入力し、③「続行」をクリックします。

ファイル削除 or ドライブのクリーンアップ


どちらかを選択しましょう。

  • ファイルの削除のみを行う
    PCを引き続き使用する場合は、このオプションを選んでください。
  • ドライブを完全にクリーンアップ
    PCをリサイクルする場合は、このオプションを選んでください。処理に数時間かかることがあります。

※ ここでは「ファイルの削除のみを行う」を選択しました。

デバイスをリセットする準備


①デバイスをリセットする準備はできていますか?、注意事項を読んで問題なければ②「回復」をクリックします。

PCの回復


PCの回復がはじまります。

Windowsのインストール


しばらくすると、Windowsのインストールがはじまります。

言語の選択


①言語を選択し、②「はい」をクリックしましょう。

Windows10のセットアップ


あとは画面の指示に従って、Windows10をセットアップすれば、OKです。

クリーンインストール

Windows10の使い方

関連記事