MENU

Windows 11 – ディスクのドライブレターを変更する方法

Windows 11 のディスクのドライブレターを変更する方法を紹介します。

ドライブレターとは、Windows に接続したドライブ(ディスク)に割り振られたアルファベットの文字のことです。Windows のシステムドライブは [C] に設定されており、HDD/SSD を追加すると [D] [E] … となります。

[A] [B] は、かつてパソコンに搭載されていたフロッピーディスクが割り振られていたようです。そのため、Windows のシステムドライブは [C] になります。

自動的に割り振られたドライブレターは、お好みのアルファベットに変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

ドライブレターを変更する方法は?

ドライブレターを変更する方法は次の手順です。

ドライブレターを変更する方法
  1. [スタートボタン] を右クリックし、[ディスクの管理] を選択します。
  2. ドライブ文字を変更する [ディスク] を右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更] を選択します。
  3. ドライブ文字を選択し、[OK] をクリックします。
  4. 注意事項を確認し、[はい] をクリックします。
  5. これでドライブレターの変更は完了です。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

「ディスクの管理」を起動する

① [スタートボタン] を右クリックし
② [ディスクの管理] を選択します。

ディスクの管理です。このパソコンには、2つのディスク [ディスク0] [ディスク1] が接続されています。ドライブレターは [C] [D] に設定されています。

※ ここでは [ディスク 1] のドライブレターを [D] → [X] に変更してみます。

ディスクを右クリック、ドライブ文字を変更する

①ドライブ文字を変更する [ディスク] を右クリックし
② [ドライブ文字とパスの変更] を選択します。

[変更] をクリックします。

ドライブ文字を割り当てる

①ドライブ文字を選択肢から割り当て
② [OK] をクリックします。

注意事項を確認し、[はい] をクリックします。

ドライブ文字に依存する一部のプログラムが正しく動作しなくなる場合があります。続行しますか?

変更したドライブ文字を確認する

変更したドライブ文字を確認しましょう。この例では [D] を [X] に変更してみました。

エクスプローラーで確認する

エクスプローラーでドライブ文字を確認してみましょう。こちらも [X] になっていますね。

コマンドプロンプトで確認する

コマンドプロンプトでドライブ文字を確認してみましょう。

x:

このコマンドを実行すると、[x] にカレントドライブを変更することができました。

これで Windows 11 ディスクのドライブレターを変更する方法の解説は終了です。Windows 11 の設定と使い方をまとめていますので、ご参考にどうぞ。

また、ディスクの関連記事もあわせてご覧ください。

Windows 11の人気記事