MENU

Windows11|Bluetoothをオン/オフにする方法

Windows11のBluetoothをオン/オフにする方法を紹介します。

Bluetoothはワイヤレスで短距離通信するための機能で、Windows11とマウス・キーボード・ヘッドホンなどの周辺機器を繋ぐ(接続する)ことができます。

Bluetoothはデフォルトで有効(オン)になっていますが、オン/オフを切り替えることができるので、ここではその方法をみていきます。「Windowsの設定」「タスクバー(クイック設定)」から設定することができるので、ひとつずつみていきましょう。

Windowsの設定でオン/オフに

それでは実際に設定してみましょう。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

左メニューの「Bluetoothとデバイス」を選択し

Bluetoothをオンに

Bluetoothとデバイスです。
Bluetoothを「オン」にしましょう。

Bluetoothをオフに

Bluetoothが不要な場合は「オフ」にしましょう。

タスクバーのクイック設定でオン/オフに

次はタスクバーのクイック設定でオン/オフにしてみましょう。

タスクバーの右側(日付の隣)をクリックしましょう。

※クイック設定はショートカットキー「Win + A」で開くこともできます。

Bluetoothをオンに

クイック設定です。Bluetoothボタンをクリックし、「オン」にしましょう。

Bluetoothボタンが「青色」なら、Bluetoothは「オン」になっています。

Bluetoothをオフに

クイック設定のBluetoothボタンをクリックし、「オフ」にしましょう。

Bluetoothボタンが「白色」なら、Bluetoothは「オフ」になっています。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。