MENU

Windows 11|マウスの設定を変更する方法

Windows 11のマウスの設定を変更する方法を紹介します。

マウスの設定

ここでは「マウスの主ボタン」「マウスカーソルのスピード」……といったマウスの設定方法をみていきます。

マウスの設定は「Windowsの設定」と従来からある「マウスのプロパティ」で設定することができるので、ひとつずつみていきます。

Windowsの設定から変更

それでは実際にマウスの設定を変更してみましょう。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」アイコンをクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「Bluetoothとデバイス」を選択し
②「マウス」を選択しましょう。

マウスの設定

マウスの設定です。次の項目を設定することができます。

①マウスの主ボタン

主ボタンとは、マウスを使って選択・決定やドラッグするボタンのことです。「左」と「右」のどちらかを選択することができます。デフォルトでは「左」になっていますが、左利き(左手でマウスを使う)の方は主ボタンを「右」に変更するといいでしょう。

②マウスポインターの速度

マウスポインターの速度です。スライドバーを使って、マウスポインターの速度を変更することができます。

③マウスホイールを回転させてスクロールする

マウスホイールを回転すると画面をスクロールすることができます。「複数行ずつ」あるいは「1画面ずつ」画面をスクロールすることができます。どちらかを選択しましょう。

④一度にスクロールする行数

スライドバーを使って、マウスホイールを回転したときにスクロールする行数を設定します。

⑤ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする

非アクティブ・ウィンドウのスクロールを「オン」にすると、非アクティブ・ウィンドウにマウスカーソルをもっていくことで、スクロールできるようにする機能のことです。「オフ」にすると非アクティブ・ウィンドウのスクロールはできません。

マウスのプロパティから変更

マウスのプロパティから設定を変更する方法をみていきます。Windowsの設定では設定できない項目もあるので、設定項目を確認しておきましょう。

Windowsの設定の「マウス」の設定の下の方にある「マウスの追加設定」をクリックします。

マウスのプロパティ

マウスのプロパティです。次の項目を設定することができます。

「ボタン」タブを選択しましょう。

①ボタンの構成

主と副ボタンを切り替えることができます。選択やドラッグなどの主な機能に右側のボタンを使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

②ダブルクリックの速度

ダブルクリックの速度を変更することができます。右側のフォルダーをダブルクリックして、設定をテストしましょう。

③クリックロック

クリックロックの設定です。マウスのボタンを押したままでなくても、強調表示やドラッグができます。

「ホイール」タブを選択しましょう。

④垂直スクロール

ホイールの1目盛りでスクロールする量を設定します。

⑤水平スクロール

ホイールの傾きで1度にスクロールする文字数を設定します。

Windows 11関連の記事

Windows 11関連の記事です。合わせてご覧ください。

関連記事