MENU

Windows11 | 右クリックメニューを旧仕様に戻す方法

Windows 11の右クリックメニューを旧仕様に戻す方法を紹介します。

Windows 11の右クリックメニューは、このようにコンパクトで一見使いやすそうで、「切り取り」「貼り付け」がアイコンになっています。

今までに長い間使用してきたため? Windows10で使用してきた「従来(旧仕様)の右クリックメニュー」の方が使いやすく感じます。ということで、ここでは「旧仕様の右クリックメニュー」を表示する方法をみていきます。

また、レジストリを編集し、常に「旧仕様の右クリックメニュー」が表示されるようにカスタマイズする方法もみていきます。

「旧仕様の右クリックメニュー」を表示

「旧仕様の右クリックメニュー」を表示する方法をみていきます。

その他のオプションを表示

右クリックメニューの「その他のオプションを表示」をクリックします。

すると、このように従来の右クリックメニューが表示されます。

ショートカットキー(Shift + F10)

右クリックするもの(ここでは「フォルダー」)を選択し、ショートカットキー「Shift + F10」を押します。

すると、このように従来の右クリックメニューが表示されます。

常に「旧仕様の右クリックメニュー」を表示

次はレジストリを編集し、常に「旧仕様の右クリックメニュー」を表示する方法をみていきます。

作業前にレジストリをバックアップしておきましょう!

①スタートメニューのフォームに「regedit」と入力し
②「レジストリエディター」を起動します。

レジストリーエディターです。
①次のパスに移動し

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID

②「CLSID」を右クリックし
③「新規」→「キー」を選択し、次のキーを作成します。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

④作成したキーを右クリックし
⑤「新規」→「キー」を選択し、次のキーを作成します。

InprocServer32

⑥作成したキーを選択し
⑦「既定」をダブルクリックし
⑧「値のデータ」が空であることを確認し
⑨「OK」をクリックします。

データが空になったら、設定完了です。

コンピューターを再起動すれば、従来の右クリックメニューに戻ります。

Windows11の右クリックメニューに戻す

Windows11の右クリックメニューに戻す方法をみていきます。

①作成したキーを右クリックし

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

②「削除」をクリックしましょう。

これでWindows11の右クリックメニューに戻ります。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。