MENU

Windows11の時刻を同期する方法

Windows 11の時刻を同期する方法を紹介します。

時刻の同期

Windows 11にはインターネット経由で時刻を同期する機能がついています。

インターネットの不具合やバッテリーの故障などにより、Windowsの時刻設定がずれてしまう場合があります。そんな場合はWindows 11の時刻を同期しましょう。時刻を同期する方法はいくつかあるので、ひとつずつみていきます。

①Windowsの設定

Windowsの設定から時刻を同期する方法をみていきます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックしましょう。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「時刻と言語」を選択し
②「日付と時刻」をクリックしましょう。

時刻を今すぐ同期

日付と時刻の設定です。
「今すぐ同期」をクリックしましょう。

時刻の同期に成功すると
「前回成功した時刻の同期」が更新され、「✔」マークが表示されます。

これで時刻が同期されました。

②コントロールパネル

コントロールパネルから時刻を同期する方法をみていきます。

①スタートメニューの検索フォームに「control」と入力し
②「コントロールパネル」を起動しましょう。

コントロールパネル

コントロールパネルです。
「時計と地域」をクリックします。

「日付と時刻」をクリックします。

日付と時刻

日付と時刻です。
①「インターネット時刻」タブを選択し
②「設定の変更」をクリックします。

「今すぐ更新」をクリックしましょう。

これで時刻が同期されます。

③コマンドプロンプト

コマンドプロンプトで、時刻を同期する方法をみていきます。

手順
  1. スタートメニューの検索フォームに「cmd」と入力し
  2. コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
  3. コマンドプロンプトに「w32tm /resync」と入力し、Enterキーを押します。

これで時刻が同期されます。

Windows 11 ネットワーク関連の記事

その他のWindows 11のネットワーク関連です。合わせてご覧ください。