MENU

Microsoft Windows – リモートデスクトップの使い方まとめ

ここでは Windows のリモートデスクトップの使い方と設定を紹介します。

リモートデスクトップ

リモートデスクトップとは、パソコン・タブレット・スマホからWindows(パソコン)をネットワーク経由で操作することができる遠隔操作機能のことです。

リモートデスクトップクライアント・アプリ(iPhone、iPad、Android、Mac、Windows、Linux で利用可能)を使用することで、Windows を遠隔操作することができるので、直接作業しているかのような使用感で、別のデバイスを操作することができます。

Microsoft Windows は、Remote Desktop Protocol(RDP)というプロトコルを用い、ポート番号「3389」を使用します。

ホスト

ホスト(操作される側)の設定です。

リモートデスクトップ機能を有効(オン)にすることで、ネットワーク経由でホストを操作することができます。

ポート番号の確認と変更

クライアント

クライアント(操作する側)のアプリの使い方です。

Windows

Mac

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続するMacアプリ。

iPhone/iPad

サービス

ホストマシンを用意しなくてもネットワーク上の「Windows Server」を利用できるリモートデスクトップ・サービスです。

いつでもどこでもネットワークさえあれば、Windows を利用することができます。

リモートデスクトップ接続できない場合

リモートデスクトップ接続できない場合の対処方法をまとめてみました。参考にどうぞ。

Windows10 – ネットワーク関連の使い方まとめ

Windows10の使い方と設定

関連記事