今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Mac から Windows へリモートデスクトップ接続 - アプリ「Microsoft Remote Desktop」

スポンサーリンク

MicrosoftMacアプリ「Microsoft Remote Desktop」を使って、MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

リモートデスクトップとは

スマホ・タブレット・パソコンからWindowsをネットワーク経由で操作することができる遠隔操作機能のことです。

Macアプリ「Microsoft Remote Desktop」

まずは、こちらからMacアプリ「Microsoft Remote Desktop」をインストールしましょう。

Microsoft Remote Desktop - Microsoft Corporation

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
© Microsoft Corporation. All rights reserved.

スポンサーリンク

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続

それでは、Macアプリ「Remote Desktop」を使って、MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法をみていきましょう。


インストールしたアプリ「Microsoft Remote Desktop」を起動しましょう。


アプリ改善のために使用状況をMicrosoftにシェアしますか?

  • Yes(はい)
  • Not now(いいえ)

どちらかを選択しましょう。


「コンピューター名」あるいは「IPアドレス」を入力し


「Connect(接続)」をクリックしましょう。


Windowsにサインインする

  • User Name(ユーザー名)
  • Password(パスワード)

を入力し、「Done」をクリックしましょう。


「Continue」をクリックします。


すると、このようにWindowsにリモートデスクトップ接続します。

デフォルトではフルスクリーンになっています。


マウスカーソルを上にもっていくと、このようにメニューが表示されます。

一旦、リモートデスクトップ接続を閉じましょう。


接続した「コンピューター名」あるいは「IPアドレス」がこのように保存されています。


右クリックし「Edit」をクリックすると


このように接続先を編集することができます。


その他、さまざまな設定項目があるので、必要に応じて設定しましょう。

  • General
  • Display
  • Sound
  • Local Resources


ここでは「Display」の設定例をみていきます。

  • Start Session in full screen

からチェックをはずし

「Resolution(解像度)」を設定します。


「Save」をクリックし


接続したPCをダブルクリックすると


このように設定した解像度で、リモートデスクトップ接続することができます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)