今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 の使い方と設定

Windows10 - リモートデスクトップ接続(クライアント・アプリ)

スポンサーリンク

Windows10 で、リモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

Windows にはリモートデスクトップ接続するクライアント・アプリが標準搭載されているので、ここではその使い方を紹介します。

Windows10 - リモートデスクトップ接続

それでは接続方法をみていきます。

スポンサーリンク


スタートメニューのプログラムリストから


「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」を起動します。


クライアント・アプリ「リモートデスクトップ接続」です。

「コンピューター」というところに

  • コンピューター名
  • IPアドレス

のどちらかを入力し、「接続」をクリックしましょう。

あるいは!


オプションの表示をクリックしましょう。


すると、オプションが表示されます。

ログオン設定です。

  • コンピューター
  • ユーザー名

が入力できます。


接続設定です。

接続設定をRDPというファイルに「保存」することができます。あるいはRDPファイルを「開く」をことができます。


上部タブメニュー「画面」をクリックします。


画面の解像度や色を設定することができます。


その他

  • ローカルリソース
  • エクスペリエンス
  • 詳細設定

は必要に応じて、設定しましょう。


いろいろ設定したら「接続」をクリックしましょう。


すると、セキュリティ証明書が表示されます。

証明をを確認し、「はい」をクリックしましょう。

  • このコンピュータへの接続について今後確認しない

にチェックを入れれば、再度表示されなくなります。


「パスワード」を入力し、「OK」をクリックすると


このように「リモートデスクトップ接続」することができます。

ウィンドウのメニューに「コンピューター名」or「IPアドレス」が表示されます。


全画面表示の場合はこんな感じになります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)