今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Microsoftアカウントのユーザーフォルダ名を変更

iPhone/iPadからWindowsへリモートデスクトップ接続 - アプリ「Microsoft Remote Desktop」

スポンサーリンク

iOSアプリ「Remote Desktop」を使って、iPhone/iPadからWindowsへリモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

iOSアプリ「Microsoft Remote Desktop」

まずは、こちらからMicrosoftが開発したiOSアプリ「Microsoft Remote Desktop」をインストールしましょう。

Microsoft Remote Desktop - Microsoft Corporation

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
© Microsoft.

iPhone/iPadからWindowsへリモートデスクトップ接続

※ ここではiPadの画面を使って、Windowsへのリモートデスクトップ接続方法紹介していきます。iPhoneでも同じ操作で接続することができます。


インストールしたアプリ「RD Client(Remote Desktop)」を起動します。


すると、「何もありません!」と表示されます。

使用を開始するには、このデバイスを使用して接続するリモートデスクトップを追加してください。

とのことです。

画面右上の「+」をタップしましょう。


すると、「Add New」というポップアップが表示されます。

「デスクトップ」をタップします。

  • PC名(ホスト名またはIPアドレス)
  • ユーザーアカウント
  • 追加オプション(ゲートウェイなど)

を入力し


「保存」をタップします。

これで準備できました。


先程追加した「デスクトップ」をタップします。

スポンサーリンク


資格情報です。

  • ユーザー名
  • パスワード

を入力し、「完了」をタップします。


すると、クライアント認証が表示されます。

毎回表示されるとめんどくさいので

  • コンピューターへの接続について今後確認しません。

を「オン」にし


「承諾」をタップしましょう。


すると、このように接続されます。


デスクトップはこんな感じです。


上部に3つのボタンが用意されています。


「虫めがね」アイコンをタップすると、画面が拡大されます。


「メニュー」をタップすると、メニューが表示されます。


「キーボード」アイコンをタップすると、このようにキーボードが表示されます。

関連記事(一部広告含む)