今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows8 - リモートデスクトップの設定と接続

スポンサーリンク

ここでは Windows8へリモートデスクトップ接続できるようにする設定とWindows8からリモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

※ リモートデスクトップの接続先として設定できるのは「Windows8 Pro」と「Windows8 Enterprise」のみです。「Windows8 無印」では、設定できません。
スポンサーリンク

リモートデスクトップの設定

それでは、Widnows8へリモートデスクトップ接続できるように設定していきましょう。

windows-8-remote-desktop-01
「Windows」キーを押しながら「X」キーを押すとクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows-8-remote-desktop-02
「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-8-remote-desktop-03
「リモートアクセスの許可」をクリックします。

windows-8-remote-desktop-04
クリックすると「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、リモートデスクトップ欄の「このコンピュータへのリモート接続を許可する」をクリックします。

これで設定完了です。Administorator権限を持っているユーザーであれば、このコンピュータへ接続することができます。そのほかのユーザーを追加したい場合は「ユーザーの選択」から設定しましょう。

リモートデスクトップ接続

Windows8からほかのWindowsへリモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

windows-8-remote-desktop-05
アプリ「リモートデスクトップ接続」を起動します。

windows-8-remote-desktop-06
左下の「オプションの表示」をクリックします。

windows-8-remote-desktop-07
「コンピューター」「ユーザー名」を入力し、「接続」をクリックします。

  • ユーザー名
    リモートデスクトップ接続を許可されたユーザー名を入力します。

windows-8-remote-desktop-08
入力した「ユーザー名」の「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

スポンサーリンク

関連記事と広告