今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除
  4. 【2019年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  5. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

Macアプリ「Apple Remote Desktop」のインストールと初期設定

スポンサーリンク

Macアプリ「Apple Remote Desktop」を紹介します。

Macアプリ「Apple Remote Desktop」は、ネットワーク上の Mac コンピュータを管理するアプリです。

Macアプリ「Apple Remote Desktop」

こちらからMacアプリ「Apple Remote Desktop」をインストールしましょう。

Apple Remote Desktop - Apple

価格: ¥9,800(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© Apple Inc.

初期設定


インストールしたアプリ「Remote Desktop」を起動しましょう。


「Remote Desktop ソフトウェア使用許諾契約」です。

契約書を読んでから、「同意する」をクリックします。


Remote Desktop の設定です。

Remote Desktop で、このアプリケーションへの認証されていないアクセスを禁止したり、クライアントデータを保護するには、パスワードが必要です。

「パスワード」を入力しましょう。


「キーチェーンに追加」にチェックが入っていることを確認し、「続ける」をクリックします。

スポンサーリンク

キーチェーンにパスワードが追加されていない場合(チェックを外した場合)、Remote Desktop を起動するたびにこのパスワードの入力を要求されます。


タスクサーバの設定です。

Remote Desktop は、タスクサーバとして専用に使用するコンピュータにインストールできます。ローカル版の Remote Desktop からこのサーバを使用して、現在利用できないコンピュータからレポートを収集したり、現在利用できないコンピュータにパッケージをインストールしたり、動的 IP アドレスを持つコンピュータを追跡したりできます。

とのことです。

リモートのタスクサーバを使用する場合は「DNS名またはIPアドレス」を入力しましょう。


この設定は後で変更できるので、未入力のまま「続ける」をクリックするとこともできます。


レポート収集です。

Remote Desktop では、指定したレポートデータを事前に収集し、そのデータを定期的にアップロードするようにクライアントコンピュータを設定することができます。このようにすると、レポートデータを取得する速度が向上します。


収集するレポートデータ

  • アプリケーション使用状況
  • ファイル検索
  • システムの概要
  • ユーザアカウンティング
  • 毎日夜間に自動的にデータをアップロード

にチェックを入れ、「完了」をクリックします。


これで初期設定は完了しました。

関連記事(一部広告含む)