今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

リモートデスクトップ接続のオプション - Windows8

スポンサーリンク

Windows8のリモートデスクトップ接続で利用できるオプションを紹介します。

windows8-remote-desktop-option-01
アプリ一覧から「リモートデスクトップ接続」をクリックします。

windows8-remote-desktop-option-02
クリックするとデスクトップ上に「リモートデスクトップ接続」ウィンドウが表示されるので、

windows8-remote-desktop-option-03
「オプションの表示」をクリックし、オプションを表示させましょう。

スポンサーリンク

リモートデスクトップ接続のオプション

それではオプションをみていきましょう。

全般

windows8-remote-desktop-option-04
オプション「全般」です。

  • ログオン設定
    接続する「コンピューター名」「ユーザー名」を入力します。
  • 接続設定
    接続設定は RDP ファイルとして保存することができます。

画面

windows8-remote-desktop-option-05
オプション「画面」です。

  • 画面の設定
    スライダーを左右へ動かすと、リモートデスクトップの画面サイズを設定することができます。
  • 画面の色
    画面の色(品質)を選択することができます。
  • 全画面表示の使用時に接続バーを表示
    チェックを入れると表示、はずすと非表示になります。

ローカルリソース

windows8-remote-desktop-option-06
オプション「ローカルリソース」です。

  • リモートオーディオ
    オーディオ再生と録音の設定を行います。
  • キーボード
    Windows のキー設定を行います。
  • ローカルでバイトリリース
    プリンターとクリップボードの設定を行います。

プログラム

windows8-remote-desktop-option-07
オプション「プログラム」です。

  • プログラムの起動
    リモートデスクトップ接続時に起動するプログラムを指定できます。

エクスペリエンス

windows8-remote-desktop-option-08
オプション「エクスペリエンス」です。

  • パフォーマンス
    ネットワーク接続速度の選択です。

詳細設定

windows8-remote-desktop-option-09
「サーバー認証」「ゲートウェイ」の設定を行います。

スポンサーリンク

関連記事と広告