MENU

Windows 10 - CPUのキャッシュメモリを確認する方法

Windows10(パソコン)のCPUのキャッシュメモリを確認する方法を紹介します。

ここではWindows10からCPUのキャッシュメモリを確認する方法をみていきます。確認する方法はいくつかあるので、ひとつずつみていきましょう。

タスクマネジャー

タスクマネジャーからCPUのキャッシュメモリを確認します。

タスクマネジャーの起動

①タスクバーを右クリックし、②「タスクマネージャー」を起動します。

キャッシュメモリの確認

①上部タブ「パフォーマンス」を選択、②「CPU」を選択すると、③L1、L2、L3キャッシュを確認することができます。

CPU-Z

アプリ「CPU-Z」を使用すると、CPUのキャッシュメモリを確認することができます。

次の手順で確認します。

手順
  1. アプリ「CPU-Z」にアクセスし、インストーラをダウンロード・インストールします。
  2. アプリ「CPU-Z」を起動し
  3. 「Cache」タブを選択すると、CPUのキャッシュメモリを確認することができます。

Windows 10 CPUやメモリの詳細情報を表示する – アプリ「CPU-Z」

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトを使って、CPUのキャッシュメモリを確認することもできるので合わせてご覧ください。

検索ボックス

①検索ボックスに「cmd」と入力し、②「コマンドプロンプト」を起動します。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトです。次のコマンドを実行すると

wmic cpu get L2CacheSize, L3Cachesize

L2とL3のキャッシュメモリを確認することができます。

以上、CPUのキャッシュメモリを確認する方法でした。CPUやパソコンのスペックに関する記事もご覧ください。また、Windows 10 の設定と使い方まとめていますので、あわせてご覧ください。

プロセスにCPUコアを割り当てる

パソコンのスペック

その他、パソコンのスペックを確認する方法です。ご参考にどうぞ。

Windows 10 の人気記事