Windows10 - プロセス(アプリ)に CPUコアを割り当てる(変更する)

Windows10 で起動しているプロセス(アプリ)に CPUコアを割り当てる(変更する)方法を紹介します。

最近では、マルチコア・プロセッサー(CPU)を搭載しているパソコンが当たり前になってきました。

マルチコア・プロセッサーとは、1つのプロセッサー内に複数のプロセッサ・コアが搭載されているCPUのことです。

CPUのコア数が2つであれば「デュアルコア」、4つであれば「クアッドコア」……と呼ばれています。

Windows ではプロセス(アプリ)の実行をどのCPUコアに割り当てるかを設定することができるので、ここではその方法を紹介します。

プロセスにCPUコアを割り当てる

それでは設定方法をみていきます。

windows-10-process-cpu-core-01
タスクバーの検索ボックス(フォーム)をクリックします。

windows-10-process-cpu-core-02
「task」と入力し

windows-10-process-cpu-core-03
表示される「タスクマネージャー」をクリックします。

windows-10-process-cpu-core-04
クリックすると「タスクマネージャー」が起動するので

windows-10-process-cpu-core-05
CPUコアを変更したいプロセスを選択し、右クリックしましょう。

スポンサーリンク

windows-10-process-cpu-core-06
すると、このようなメニューが表示されるので、その中の「詳細の表示」をクリックします。

windows-10-process-cpu-core-07
クリックすると、さまざまなプロセスの詳細が表示されるので

もう一度、プロセス(アプリ)を右クリックし

windows-10-process-cpu-core-08
表示されるメニューの「関係の設定」をクリックします。

windows-10-process-cpu-core-09
クリックすると、「プロセッサの関係」という小さなウィンドウが表示されるので

windows-10-process-cpu-core-10
プロセスを実行するCPUコアを選択しましょう。

  • すべてのプロセッサ
  • CPU 0
  • CPU 1
  • CPU 2
  • CPU 3

この例では、4つの CPU コア(クアッドコア)が表示されていますが、お使いのコンピューターによって、表示されるコア数は異なります。

windows-10-process-cpu-core-11
あまり重要でないプロセスであれば、使用するコアの数を絞る(少なく)する……といったように設定します。

windows-10-process-cpu-core-12
設定が終わったら、「OK」をクリックします。

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  6. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  7. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  8. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  9. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  10. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  11. Windows10 - システムの保護 - 復元ポイントの作成
  12. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  13. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  14. Windows10 - ゲームバーの設定と使い方
  15. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法

関連記事(一部広告含む)