Windows10 - タスクバーの検索ボックスを非表示・アイコンに

Windows10 のタスクバーにある検索ボックスを非表示・アイコンにする方法を紹介します。


Windows10 のタスクバーには「ここに入力して検索」という検索ボックスが設置されています。

これがなかなか便利で!


この検索ボックスにキーワードを入力することで「アプリの起動」や「Web検索」をすることができます。

ここでは検索ボックスをあまり利用しない方のために、検索ボックスを「非表示」あるいは「アイコン」にする方法をみていきます。

タスクバーの検索ボックスを非表示に


マウスカーソルをタスクバーにもっていき右クリックする


このようなメニューが表示されるので「検索」というところにマウスを持っていくと、次のような選択肢が表示されます。

  • 表示しない
  • 検索アイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

デフォルトの設定では、「検索ボックスを表示」が選択されています。

スポンサーリンク


「表示しない」を選択すると


検索ボックスはなくなります(非表示になります)。

タスクバーの見た目がスッキリしますね。

タスクバーの検索ボックスをアイコンに


「検索アイコンを表示」を選択すると


このように「検索アイコン」が表示されます。これをクリックすると


このように検索をはじめとするさまざまなことを実行することができます。

Windows10 タスクバーの設定

Windows10の使い方と設定

デスクトップ関連の人気記事

  1. Windows10 - デスクトップ上のテキスト(文字)サイズを変更
  2. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)
  3. Windows10 - 仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動
  4. Windows10 - デスクトップモードとタブレットモードの切替
  5. Windows10 - タスクバーを自動的に隠す
  6. Windows10 - デスクトップ・アイコンの表示サイズを変更(調整)
  7. Windows10 - タスクバーにデスクトップ・ツールバーを追加する方法
  8. Windows10 - アクションセンターのシステムアイコンを表示・非表示に
  9. Windows10 - マウスポインターのサイズと色を変更する
  10. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを使ってみよう
  11. Windows10 - タスクバーの位置を変更する方法
  12. Windows10 - タスクバーをロック(固定)する方法
  13. Windows10 - デスクトップの背景と色をカスタマイズ
  14. Windows10 - 特殊文字を入力する方法(文字コード表)
  15. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを非表示・アイコンに

関連記事(一部広告含む)