MENU

Windows10 – 隠しファイル・フォルダーを表示/非表示にする方法

Windows10 の隠しファイル(隠しフォルダー)を表示/非表示にする方法を紹介します。

目次

隠しファイル・フォルダーの表示/非表示


エクスプローラーは、隠しファイル・フォルダーの表示/非表示を切り替えることができるので、ここではその方法をみていきます。

このように隠しフォルダー(隠しファイル)はアイコンが薄く表示されます。


タスクバーからエクスプローラーを起動しましょう。


エクスプローラーです。隠しファイルを表示したい場所へ移動します。


ここでは「Cドライブ」へ移動しました。

ここではエクスプローラーの「リボン」と「フォルダーオプション」を使って、隠しファイルの表示/非表示を切り替える方法をみていきます。

リボンから設定

まずはリボンから設定する方法をみていきます。


上部メニュー「表示」をクリックすると


このように「リボン」が表示されるので


「隠しファイル」にチェックを入れましょう。逆にチェックをはずすと隠しファイル(隠しフォルダー)非表示になります。


すると、このようにこのように隠しファイル(隠しフォルダー)が表示されます。

このように隠しファイル(隠しフォルダー)は少しアイコンが薄くなっています。

フォルダーオプションから設定

次はフォルダーオプションから表示/非表示を切替えてみましょう。


エクスプローラーの「オプション」をクリックすると


フォルダーオプションが表示されるので、上部タブメニュー「表示」をクリックし


「フォルダーとファイルの表示」から表示/非表示を切替えましょう。

  • 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する
  • 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示しない

ファイルの拡張子の表示/非表示

エクスプローラーの使い方と設定

Windows10の使い方や設定

関連記事

目次
閉じる