今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)

Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする

スポンサーリンク

Windows10 のファイルに拡張子を表示/非表示にする方法を紹介します。

Windows10 のデフォルト設定では、ファイルの拡張子を表示しない(非表示)ようになっています。

拡張子とは、ファイルの種類を識別するために使われるファイルの末尾にある「.(ピリオド) + 英数字3文字」のことです。例えば、テキストファイルだと「.txt」、エクセルファイルだと「.xls」が拡張子ですね。

windows-10-show-explorer-file-name-extension-01
ここでは、このようにファイルに拡張子を表示、あるいは表示した拡張子を非表示にする方法を紹介します。

ファイルの拡張子を表示/非表示に

windows-10-show-explorer-file-name-extension-02
タスクバーの「エクスプローラー」を起動します。

windows-10-show-explorer-file-name-extension-03
上部メニューの「表示」をクリックします。

windows-10-show-explorer-file-name-extension-04
クリックするとサブメニューの「ファイル名拡張子」をクリックします。

スポンサーリンク
  • チェックを入れる → 拡張子の表示
  • チェックをはずす → 拡張子の非表示

あるいは!

windows-10-show-explorer-file-name-extension-05
「オプション」をクリックすると

windows-10-show-explorer-file-name-extension-06
「フォルダーオプション」ウィンドウが表示さるので、上部タブメニュー「表示」をクリックします。

windows-10-show-explorer-file-name-extension-07
詳細設定を下へスクロールし

windows-10-show-explorer-file-name-extension-08
「登録されている拡張子は表示しない」をクリックします。

  • チェックを入れる → 拡張子の非表示
  • チェックをはずす → 拡張子の表示

関連記事(一部広告含む)