Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする

スポンサーリンク

Windows10 のファイルに拡張子を表示/非表示にする方法を紹介します。

Windows10 のデフォルト設定では、ファイルの拡張子を表示しない(非表示)ようになっています。

拡張子とは、ファイルの種類を識別するために使われるファイルの末尾にある「.(ピリオド) + 英数字3〜4文字」のことです。例えば、テキストファイルだと「.txt」、エクセルファイルだと「.xlsx」が拡張子ですね。


ここでは、このようにファイルに拡張子を表示・あるいは表示した拡張子を非表示にする方法をみていきます。

ファイルの拡張子を表示/非表示に

それでは実際に設定してみましょう。

エクスプローラーの起動


タスクバーから「エクスプローラー」を起動しましょう。


エクスプローラーです。上部メニューの「表示」をクリックします。


すると、表示のサブメニューが表示されるので

ファイル名の拡張子


「ファイル名の拡張子」をクリックしましょう。

  • チェックを入れる → 拡張子の表示
  • チェックをはずす → 拡張子の非表示

これで拡張子の表示/非表示を切り替えることができます。

あるいは!


「オプション」をクリックしましょう。

フォルダーのオプション


すると、「フォルダーオプション」ウィンドウが表示さるので、上部タブメニュー「表示」をクリックします。


詳細設定を下へスクロールし

拡張子の表示/非表示


「登録されている拡張子は表示しない」をクリックします。

  • チェックを入れる → 拡張子の非表示
  • チェックをはずす → 拡張子の表示

これで拡張子の表示/非表示を切り替えることができます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)