Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ

Last Update:

Windows10 の初期設定方法を紹介します。

Windows10のパソコンを購入したけど初期設定方法がよくわからない……そんなパソコン初心者向けのおすすめセットアップ方法を紹介します。

Windows10 - 初心者向けのセットアップ

それでは実際にセットアップしてみましょう。


まずは図のような「電源」ボタンを押しましょう。


すると、Windowsが起動し、初期セットアップがはじまります。


初期設定は「コルタナ」が補助してくれます。

コルタナとは、マイクロソフトが開発しているパーソナルアシスタント機能です。iPhoneでいうところの「Siri」に該当します。


お住まいの地域はこちらでよろしいですか?「日本」が選択されていることを確認し、「はい」をクリックします。


キーボードレイアウトはこちらでよろしいですか?「Microsoft IME」が選択されていることを確認し、「はい」をクリックします。


2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?「スキップ」をクリックします。


ネットワークに接続しましょう。「インターネットに接続していません」をクリックします。


インターネットに接続すると、さらにいろいろな発見があります。「制限された設定で続行する」をクリックします。


このPCを使うのはだれですか?①「名前」を入力し、②「次へ」をクリックします。


確実に覚えやすいパスワードを作成します。①「パスワード」を入力し、②「次へ」をクリックします。


パスワードの確認です。①「パスワード」をもう一度入力し、②「次へ」をクリックします。


このアカウントのセキュリティの3つの質問を作成します。①「セキュリティの質問」を選択し、②「答え」を入力し、③「次へ」をクリックします。


デバイスのプライバシー設定の選択です。「同意」をクリックします。


Cortana(コルタナ)による作業の支援を許可する。「今は実行しない」をクリックします。


すると、作成したユーザーの設定がはじまります。これには数分かかることがあります。


デスクトップが表示されれば、セットアップの完了です。

Windows10 - おすすめの初期設定

Windows10のセットアップが完了したら、その他の初期設定を実行しましょう。

Wi-Fiネットワークに接続

Windows Update

パスワードなしでサインイン

ファイルの拡張子を表示

ショートカットキー

エクスプローラーの使い方

Windows10の使い方

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  8. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  9. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  10. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  11. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド
  15. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法

関連記事(一部広告含む)