今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)

スポンサーリンク

Windows10 の仮想メモリを設定・変更(カスタマイズ)する方法を紹介します。

仮想メモリとは、お使いのパソコンに搭載されている物理メモリ(RAM)をWindowsシステムやアプリが使いまくった場合に不足した物理メモリを補助するファイルのことです。

ページファイル(ページングファイル)ともいいます。

ページファイルはHDD(あるいはSSD)上に作成されるファイルなので、物理メモリと比較すると速度が非常に遅くなります。そのため、「パソコンが遅い(重たい)なぁー」といった場合は物理メモリが不足し、ページファイルが使用されている場合が多いので、頻繁にパソコンが遅くなる場合は物理メモリの増設を考えたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

仮想メモリの設定

それでは仮想メモリの設定をみていきます。

windows-10-page-file-settings-01
デスクトップの左下「Windowsアイコン」にマウスカーソルをもっていき

右クリックすると

windows-10-page-file-settings-02
コンテキストメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows-10-page-file-settings-03
コントロールパネルです。

「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-10-page-file-settings-04
「システム」をクリックします。

windows-10-page-file-settings-05
左側にある「システムの詳細設定」をクリックします。

windows-10-page-file-settings-06
クリックすると「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されます。

パフォーマンスの「設定」をクリックします。

パフォーマンスでは「視覚効果、プロセッサのスケジュール、メモリ使用、および仮想メモリ」の設定を行うことができます。

windows-10-page-file-settings-07
「詳細設定」タブをクリックします。

windows-10-page-file-settings-08
仮想メモリの「変更」をクリックします。

ページファイルとはハードディスク上の領域で、RAM のように Windows で使用されます。

windows-10-page-file-settings-09
仮想メモリの設定です。

「すべてのドライブのページングライフのサイズを自動的に管理する」のチェックをはずします。

特に理由のない場合はデフォルトの「自動的に管理する」にチェックを入れておきましょう。

windows-10-page-file-settings-10
この例では「Cドライブ」しかありませんが、ドライブごとにページングファイルを設定することができます。

windows-10-page-file-settings-11
ページングファイルは「カスタマイズ」あるいは「なし」に設定することができます。

  • カスタムサイズ
  • システム管理サイズ
  • ページングファイルなし

windows-10-page-file-settings-12
「カスタマイズサイズ」を設定してみましょう。次の項目を入力し

  • 初期サイズ
  • 最大サイズ

windows-10-page-file-settings-13
「設定」をクリックします。

windows-10-page-file-settings-14
最後に「OK」をクリックしましょう。

これで仮想メモリのカスタマイズ完了です。

スポンサーリンク

関連記事と広告