MENU

Windows10|メモリ診断を実行してメモリの問題をチェックする方法

自分のパソコン(Windows10)に搭載されているメモリの問題をチェックする方法を紹介します。

Windowsメモリ診断

Windows10には、パソコンに搭載しているメモリに問題・故障がないかを診断するためのツール「Windowsメモリ診断」が標準インストールされています。

メモリに問題があると、コンピューターの情報が失われたり動作が停止したりすることがあります。

ということで、ここでは「Windowsメモリ診断」を使って、メモリ診断をしてみましょう。

スタートメニュー

①「Windowsロゴ(スタートボタン)」をクリックし
②「Windows管理ツール」から
③「Windowsメモリ診断」を起動します。

Windowsメモリ診断

メモリ診断です。「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックしましょう。

再起動する前に、作業内容を保存して開いているプログラムをすべて閉じてください。

再起動

コンピューターが再起動され

メモリに問題がないかをチェックします

再起動後、Windowsメモリ診断ツールが起動し、メモリに問題がないかをチェックしてくれます。

「F1」キーを押すと、メモリ診断のオプションを選択・設定することができます。
「ESC」キーを押すと、メモリ診断が終了します。

メモリ診断が終了すると、Windowsが起動するのでログインしましょう。

ログイン後、しばらくするとデスクトップに「Windowsメモリ診断」の通知が表示されます。この例では「メモリエラーは検出されませんでした」。

メモリ関連の記事

Windows10のメモリ関連の記事です。合わせてご覧ください。

パソコンのスペック

その他、パソコンのスペックを確認する方法です。ご参考にどうぞ。

Windows10の使い方と設定

関連記事