MENU

CapsLockキーを無効(オフ)にする方法 Windows 11/10

Windows 11/10 のCaplsLockキーを無効(オフ)にする方法を紹介します。

CapsLockキーをオンにすると、アルファベット入力するときにShiftキーを押さずに大文字を入力することができます。

例えば
CapsLockキーが無効の場合→「A」キーを押すと「a」が入力される
CapsLockキーが有効の場合→「A」キーを押すと「A」が入力される

といった機能ですが、あまり使ってない人も多いのではないでしょうか。

便利な機能というよりは誤入力をする可能性のある機能!?と思っている方もいると思うので、ここではCapsLockキーを無効にする方法をみていきます。

CapsLockキーを無効(オフ)に

それでは実際にCapsLockキーを無効(オフ)にしてみましょう。

※ 今回の作業はレジストリの修正を伴います。必ずバックアップしておきましょう。

①検索フォームに「regedit」と入力し
②「レジストリエディター」を起動しましょう。

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

レジストリエディター

レジストリエディターです。
①次のパスに移動し

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout

②右側のなにもないところで右クリックし、「新規」から
③「バイナリ値」を選択します。

名前を「ScanCode Map」に設定しましょう。

「ScanCode Map」をダブルクリックし

①値のデータを次のように編集し

00 00 00 00 00 00 00 00 02 00 00 00 00 00 3A 00 00 00 00 00

②「OK」をクリックしましょう。

これで設定完了です。コンピューターを再起動すれば、設定が反映されます。

Windowsキーを無効にすることもできるので、以下の記事も合わせてご覧ください。
Windowsキーを無効化する設定方法 Windows 11/10

Windowsのショートカットキーをまとめてみました。以下の記事をご覧ください。
Windows ショートカットキーの一覧表(まとめ)

CapsLockキーを有効(オン)に

CapsLockキーを有効(オン)に戻す場合は

先ほど作成した「バイナリ値」を削除すれば、OKです。
①「ScanCode Map」を右クリックし
②「削除」を選択します。

Microsoftが開発・配布している「PowerToys」を使えば、ショートカットキーのガイドを表示することができます。以下の記事を参考にしてみてください。
ショートカットキー・ガイドを表示する方法(PowerToys)