Windows 11 - 固定キーのショートカットを無効にする方法(Shift 5回)

windows 11 sticky keys

Windows 11 の固定キーのショートカットを無効にする方法を紹介します。

Windows 11 では、Shift キーを5回押すと、固定キーの有効と無効を切り替えることができます。

turn off sticky keys windows 11 01

固定キーを有効にすると、ショートカットキーを1つずつ押すことができます。

例えば、Windows キーを押して、R キー を押してみると、[ファイル名を指定して実行] が表示されます。固定キーが無効の場合は Windows キー と R キーを同時に押す必要があります。

便利な機能ですが、ゲームプレイ中に「固定キー機能を有効にしますか?」と表示され困る場合があります。

ということで、ここでは固定キーのショートカットを無効にする方法をみていきます。

固定キーのショートカットを無効にする方法は?

Windows 11 固定キーのショートカットを無効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    turn off sticky keys windows 11 02

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択します。

    [設定] を起動する方法はいくつかあります。詳しくは、Windows 11 「Windowsの設定」を起動する方法をご覧ください。

  2. [アクセシビリティ] → [キーボード] を選択する

    turn off sticky keys windows 11 03

    1. 設定の左メニュー [アクセシビリティ] を選択し
    2. [キーボード] を選択します。
  3. [固定キー機能] を選択する

    turn off sticky keys windows 11 04
    キーボードの設定です。[固定キー機能] を選択しましょう。

  4. [固定キー機能のショートカット] を [オフ] にする

    turn off sticky keys windows 11 05
    [固定キー機能用のキーボード ショートカット] を [オフ] にしましょう。 これで Shift キーを連打しても「固定キー機能を有効にしますか?」は表示されなくなります。

これで Windows 11 固定キーのショートカットを無効にする方法の解説は終了です。

コントロールパネルから固定キーのショートカットを無効にすることもできます。興味のある方は引き続きご覧ください。

コントロールパネルで無効にする場合

コントロールパネルで固定キーのショートカットを無効にする方法です。

  1. タスクバーに [control] と入力・検索し、「コントロールパネル」を起動しましょう。

  2. コントロールパネルが表示されたら [コンピューターの簡単操作] を選択します。

  3. [キーボードの動作の変更] をクリックします。

  4. [固定キー機能の設定] をクリックします。

  5. [Shift キーを5回押すと固定キー機能を有効にします] からチェックを外し、[適用] をクリックしましょう。

    turn off sticky keys windows 11 06

  6. これで設定完了です。Shift キーを連打しても「固定キー機能を有効にしますか?」は表示されなくなります。

Windows 11 の人気記事