今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

iPhone/iPad - Night Shift の設定(ブルーライトをカット)

スポンサーリンク

iPhone/iPad の Night Shift を設定し、ブルーライトをカットする方法を紹介します。

Night Shiftとは
夜間、iPhone/iPadのディスプレイの色が暖色系の色域に切り替え、ブルーライトをカットすることで、目に優しく、心地よい眠りに役立たせよう……という機能のことです。

夜間に明るいブルーライトを受けてしまうと、目が冴えて、寝付きが悪くなってしまうという多くの研究があるそうです。寝付きが悪い方は Night Shiftを設定し、心地よい睡眠を手に入れましょう。

Night Shiftは、「時間」と「位置情報」から日の入りと日の出を推定し、自動的に暖色系の色域に切り替えることもできます。

Night Shift は iOS 9.3 から利用可能です。

Night Shift の設定

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「画面表示と明るさ」をタップします。

「Night Shift」をタップします。

デフォルトで「Night Shift」は、22:00 〜 7:00 にオンになるように設定されています。

Night Shiftでは、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にカラースペクトラムの一番暖かい色に変更されます。これは、夜よく眠るのに役に立つ可能性があります。

スポンサーリンク

「開始:終了」をタップしましょう。

スケジュールを2つの設定で、自動化することができます。

  • 日の入から日の出まで
  • カスタムスケジュール

お好みの設定を選びましょう。

※ ここでは「日の入から日の出まで」を選択してみました。

カスタムスケジュールを選択した場合は、「オン/オフ」の時間を設定することができます。

設定画面に戻ります。

時間指定の他にも「手動で明日まで有効にする」こともできます。

また、色温度をスライドバーで調整し、Night Shiftが「オン」になった場合の色域を調節することもできます。

「時間指定」をタップし

「時間指定」を「オフ」にしましょう。

すると、このように Night Shift が「オフ」になります。

関連記事(一部広告含む)