MENU

iPhone - 画面の明るさを変更(調節)する方法

iPhoneの画面の明るさを変更(調節)する方法を紹介します。

iPhoneでKindleなどの電子書籍を快適に読む際に重要なのが画面の明るさです。

暗すぎると読みにくい、明るすぎると疲れてしまいます。そういった場合は画面の明るさを手動で最適な明るさに変更してあげましょう。

また、iPhoneには環境(明るさ)に応じて、画面の明るさを自動的に調節(変更)する機能が備わっています。ここではその設定をオン/オフにする方法もみていきます。

画面の明るさを手動で変更

iPhoneの画面の明るさを手動で変更する方法をみていきます。

コントロールセンターで明るさを手動変更

画面右上から下にスワイプします。

画面の明るさを手動で変更

コントロールセンターです。

太陽?アイコンのバーを

  • バーを上にスライドすると → 画面は明るくなります。
  • バーを下にスライドすると → 画面は暗くなります。

例えば、このように調節するとiPhoneの画面が明るくなります。

iPhoneの設定から明るさを手動変更

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。
「画面表示と明るさ」をタップします。

画面の明るさを手動で変更

すると、明るさ調節バーが表示されるので、以下のように操作しましょう。

  • 左にスライドすると → 画面は暗くなります。
  • バーを右にスライドすると → 画面は明るくなります。

※ True Toneの設定についてはこちらをご覧ください。
iPhone True Toneディスプレイの設定方法(オン/オフ)

画面の明るさを自動調節

次は画面の明るさを自動調節する設定方法をみていきます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。
画面を下へスクロールし、「アクセシビリティ」をタップします。

アクセシビリティ

アクセシビリティです。
「画面表示とテキストサイズ」をタップします。

明るさの自動調節をオンに

明るさの自動調節を「オン」にしましょう。

明るさの自動調節をオフにすると、バッテリー駆動時間や長時間のディスプレイのパフォーマンスに影響する場合があります。

明るさの自動調節をオフに

不要な場合、バッテリーを節約したい場合は「オフ」にしましょう。

iPhone使い方

その他、iPhoneの使い方や設定はこちらをご覧ください。

iPhone の人気記事