MENU

iPhone - Wi-Fiアシストを「オフ」にして通信量を節約する(モバイル通信)

iPhone のWi-Fiアシストを「オフ」にして通信量を節約する方法を紹介します。

Wi-Fiアシストとは、Wi-Fiの接続状況が悪いときに自動的にモバイルデータ通信を使用する機能のことです。

これによってデータ通信がスムーズに行われるためユーザービリティー向上につながります。反面、Wi-Fi電波が不安定な場所にいるとモバイルデータの通信量が多くなってしまい……通信量制限に近づく、あるいはプランによっては追加料金支払う必要があるかもしれません。

それらを防ぐためにWi-Fiアシストを「オフ」にしてモバイルデータの通信量を節約しておきましょう。

Wi-Fiアシストをオフにする方法は?

iPhone の Wi-Fiアシストをオフにする方法は次の手順です。

  1. [設定] を開く


    ホーム画面の [設定] をタップします。

  2. [モバイル通信] を選択する


    iPhone の設定です。[モバイル通信] をタップします。

  3. [Wi-Fiアシスト] を [オフ] にする


    モバイルデータ通信の設定です。画面を下へスクロールし、[Wi-Fiアシスト] を [オフ] にしましょう。

    Wi-Fiの接続状況が悪いときに自動的にモバイルデータ通信を使用します。

iPhone の Wi-Fiアシストをオフにする方法の解説は終了です。

Wi-Fiアシストをオンにする方法は?

iPhone の Wi-Fiアシストをオンにする方法は次の手順です。

  1. ホーム画面の [設定] をタップします。

  2. iPhone 設定の [モバイル通信] をタップします。

  3. 画面を下へスクロールし、[Wi-Fiアシスト] を [オン] にしましょう。

iPhone の Wi-Fiアシストをオンにする方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事