iPhone - Wi-FiネットワークのDNSサーバを手動設定・変更 - iPad

Last Update:

iPhoneが接続しているWi-FiネットワークのDNSサーバを設定・変更する方法を紹介します。

DNSサーバの手動設定

iPhoneのデフォルト設定では、DNS(Domain Name System)サーバを自動で取得するようになっています。

Wi-Fiは接続しているけど、ネットの調子が悪い……そんなときはDNSサーバは手動で変更してみましょう。ここでは例として、「Google Public DNS」に設定してみます。

それでは実際に設定してみましょう。

ここでは iPhone の画面を使って、設定していきます。iPad でも同じように設定することができます。

ホーム画面→設定

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定→Wi-Fi

設定です。「Wi-Fi」をタップしましょう。

Wi-Fiの設定

Wi-Fiの設定です。まずは「Wi-Fi」が「オン(緑色)」になっていることを確認し

DNSサーバを設定するネットワークの「i」をタップします。

ネットワークの設定です。画面を下へスクロールし

「DNSを構成」をタップしましょう。

DNSサーバの設定

デフォルトでは、DNSが「自動」になっているので

「手動」をタップしましょう。

すると、DNSサーバの設定が可能になります。

「-」をタップし

自動で設定されている「DNSサーバ」を「削除」します。

DNSサーバの削除が終わったら

「+」をタップし、サーバを追加しましょう。

すると、このようにDNSサーバのIPアドレスが入力できるようになるので

Google Public DNS のIPアドレス

  • 8.8.8.8
  • 8.8.4.4

を入力し

画面右上の「保存」をタップしましょう。

これで設定完了です。

iPhone - 利用可能なWi-Fiネットワークを消す

よく表示されるフリーWi-Fiの「利用可能なWi-Fiネットワーク」を表示しないようにする方法も合わせてご覧ください。

iPhoneの使い方や設定

その他 iPhone/iPad の使い方や設定はこちらをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ネットワーク関連の人気記事

  1. iPhone - Wi-FiネットワークのDNSサーバを手動設定・変更 - iPad
  2. iPhone - iCloud Drive のモバイル通信を「オフ」にして通信量を節約
  3. iPhone/iPad - Wi-Fiへの自動接続を個別に設定する方法
  4. AirDrop - Mac から iPhone/iPad へ画像を送信する方法
  5. AirDrop - iPhone/iPad で撮影した写真を Mac に送信

関連記事(一部広告含む)