今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. 【2019年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  5. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい

iPhone/iPad - Wi-Fi ネットワークに接続する方法

スポンサーリンク

iPhone/iPad を Wi-Fi ネットワークに接続する方法を紹介します。

新しい Wi-Fiルーター、あるいは外出先の会議室やホテル …… などに接続する場合に必要な Wi-Fi ネットワークの接続方法を紹介します。

ここでは「新しく Wi-Fiルーターを購入した場合」を例に Wi-Fi ネットワークに接続する方法をみていきます。

iphone-ipad-connect-wi-fi-network-01
Wi-Fi ルーターには接続に必要な次のようなカードが入っています。あるいはルーターの筐体に直接シールが貼られている場合もあります。

  • SSID(a)
  • SSID(g)
  • 暗号化キー

SSID(Service Set Identifier)とは、アクセスポイントの識別名のことで、どのネットワーク接続するかを識別する場合に必要になります。

SSIDの後ろにある(a)は5GHz帯の通信、(b)は2.4GHz帯での通信を意味します。

iPhone/iPad は高速無線LAN規格「IEEE802.11 ac」に対応しているので、特に理由がない場合は SSID(a) に接続するようにしましょう。

この例での SSID(a) は「Buffalo-A-***」になります。

暗号化キーは、Wi-Fiネットワークに接続するためのパスワード(パスコード)みたいなものです。

Wi-Fi ネットワーク設定の削除・解除

それでは実際に Wi-Fi ネットワークに接続してみます。

※ ここでは iPhone の画面を使って接続する方法をみていきますが、iPadでも同じように設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「Wi-Fi」をタップします。

スポンサーリンク

Wi-Fi がオフ(白色)の場合は

Wi-Fi をオン(緑色)にしましょう。

オンにすると「ネットワークを選択」というところに SSID が表示されるので、接続する SSID をタップしましょう。

ここでは「Buffalo-A-***」をタップしました。

パスワードの入力です。

先ほどの「暗号化キー」を入力し

画面右上の「接続」をタップしましょう。

SSID の左側に「✓」チェックマークが入れば、Wi-Fi ネットワークに接続完了です。

関連記事(一部広告含む)