MENU

Windows 11 - CapsLockキーを Ctrlキーに入れ替える方法

Windows 11 のCaplsLockキーを Ctrlキーに入れ替える方法を紹介します。

CapsLockキーが不要な場合は、CapsLockキーを無効(オフ)にすることもできますが、ここでは CapsLockキーを Ctrlキーに入れ替える方法をみていきます。

※ 入れ替えることで CapsLockキーを押すと、Ctrlキーを押したことになります。

Ctrlキーには、Ctrl + CCtrl + V ……といった、さまざまなショートカットキーが割り当てられています。しかし、Ctrlキーは CapsLockキーよりも遠く押しにくい位置にあるので、今回紹介する方法で、CaplsLockキーをCtrlキーに変更しておきましょう。

CapsLockキーを Ctrlキーに入れ替える方法は?

CapsLockキーを Ctrlキーに入れ替える方法は次の手順です。

Ctrl2Cap をダウンロードする

[Ctrl2Cap] にアクセスし


[Ctrl2Cap] をクリックし、ダウンロードしましょう。

Ctrl2Cap を展開する


① ダウンロードした [Ctrl2Cap] を右クリックし
② [すべて展開] を選択します。


圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開です。
① 展開先のパスを確認・コピーしておきましょう(後でフォルダーパスを使います)。
② [展開] をクリックします。


これでフォルダーの展開は完了です。

コマンドプロンプトを起動する


① 検索ボックスに [cmd] と入力し
② [管理者として実行] をクリックします。

※ コマンドプロンプトにはほかにも起動方法があるので、興味がある方は Windows 11 コマンドプロンプトを起動する方法もあわせてご覧ください。

ctrl2cap をインストールする


① Ctrl2Cap フォルダーへ移動します。cd コマンドを実行します。

cd 先ほどコピーしたパス

② ctrl2cap をインストールします。次コマンドを実行します。

ctrl2cap /install


コマンドを実行すると、「Ctrl2cap License Agreement」ウィンドウが表示されるので、[Agree] をクリックします。


「Ctrl2cap successfully installed. You must reboot for it to take effect.」と表示されれば、インストール完了です。パソコンを再起動しましょう

再起動後、CapsLockキーがCtrlキーとして機能するようになります。

これで Windows 11 の CapsLockキーをCtrlキーに変更する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事