MENU

Windowsキーを無効化する設定方法 Windows 11/10

Windows11/10の「Windowsキー」を無効にする方法を紹介します。

Windows11/10には、「Windowsキー」と「その他のキー」を組み合わせた便利なショートカットキーがたくさん用意されています。

  • 「Win + E」エクスプローラーの起動
  • 「Win + R」ファイル名を指定して実行

……など。

覚えると便利ショートカットキーですが、使用しない方も多くいるでしょう。そんな方にとっては誤ってWindowsキーを押してしまうことによる弊害の方が多くあるので、ここではWindowsキーを使用したショートカットキーを無効にする方法をみていきます。

「レジストリエディターを使用する方法」「グループポリシーエディターでポリシーを設定する方法」をそれぞれみていきます。

①レジストリーエディターで無効に

①「スタートボタン」を右クリックし
②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

①「regedit」と入力し
②「OK」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。
「はい」をクリックします。

レジストリエディター

レジストリエディターです。次のキーへ移動しましょう。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

※ Explorerキーがない場合

①次のキーへ移動し

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies

②何もないところで右クリック
③「キー」を選択し、Explorerを作成しましょう。

DWORD(32ビット)値の作成

①何もないところで右クリック
②「DWORD(32ビット)値」を選択しましょう。

NoWinKeysの編集

名前は「NoWinKeys」にし、それをダブルクリックします。

①値のデータを「1」にし
②「OK」をクリックします。

コンピューターを再起動すれば、Windowsキーは無効になります。「Win + R」や「Win + E」といったショートカットキーを押してみましょう。

CapsLockキーを無効にすることもできるので、以下の記事も合わせてご覧ください。
CapsLockキーを無効(オフ)にする方法 | Windows 11/10

Windowsのショートカットキーをまとめてみました。以下の記事をご覧ください。
Windows ショートカットキーの一覧表(まとめ)

②グループポリシーエディターで無効に

Windows11/10 Pro版を使用している場合はグループポリシーエディターで無効にすることもできます。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

①「gpedit.msc」と入力し
②「OK」をクリックします。

グループポリシーエディター

グループポリシーエディターです。
①次のパスへ移動し

ユーザー構成\管理用テンプレート\Windowsコンポーネント\エクスプローラー

②「Windowsキー ホットキーをオフにする」をダブルクリックします。

Windowsキー ホットキーをオフに

①「有効」を選択し
②「OK」をクリックします。

コンピューターを再起動すれば、Windowsキーは無効になります。「Win + R」や「Win + E」といったショートカットキーを押してみましょう。

Microsoftが開発・配布している「PowerToys」を使えば、ショートカットキーのガイドを表示することができます。以下の記事を参考にしてみてください。
ショートカットキー・ガイドを表示する方法(PowerToys)