MENU

Windows 11 – タッチキーボード・アイコンを表示/非表示にする方法

Windows 11のタッチキーボード・アイコンを表示/非表示にする方法を紹介します。

タッチキーボードとは?

タッチキーボードとは、タッチパネル搭載のパソコンでモニターをタッチすることでテキストの入力ができるキーボードのことです。[iPhone] や [Android] のようにタッチ操作で、テキストを入力することができます。また、マウスでタッチキーボードをクリックすることでも、テキスト入力することができます。

Windows 11のタスクバーの右下には

タッチキーボード・アイコンが表示されています。このアイコンをクリックすると

ソフトウェア・キーボード(タッチキーボード)が表示されます。

このタッチキーボード・アイコンは表示/非表示を切り替えることができるので、ここではその方法をみていきます。タッチキーボードを使用しない方は [非表示] にしておきましょう。

タッチキーボード・アイコンを非表示にする方法は?

タッチキーボード・アイコンを非表示にする方法は次の手順です。

タッチキーボード・アイコンを非表示にする方法
  1. タスクバーの何もないところで右クリックし、[タスクバーの設定] をクリックします。
  2. タスクバーのコーナーアイコンの [タッチキーボード] を [オフ] にしましょう。
  3. これでタッチキーボード・アイコンの非表示にすることができます。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

  1. タスクバーの何もないところで右クリックし
  2. [タスクバーの設定] をクリックします。

タスクバーの設定

タッチキーボードを非表示にする場合は

タスクバーのコーナーアイコンの [タッチキーボード] を [オフ] にしましょう。

これでタッチキーボード・アイコンが非表示になります。

タッチキーボード・アイコンを表示する方法は?

タッチキーボード・アイコンを表示する方法は次の手順です。

タッチキーボード・アイコンを表示にする方法
  1. タスクバーの何もないところで右クリックし、[タスクバーの設定] をクリックします。
  2. タスクバーのコーナーアイコンの [タッチキーボード] を [オン] にしましょう。
  3. これでタッチキーボード・アイコンの表示にすることができます。

Windows 11の人気記事