MENU

Windows11 よく使うアプリを表示/非表示にする方法

Windows 11によく使うアプリを表示/非表示にする方法を紹介します。

スタートメニューの [すべてのアプリ] には

[よく使うアプリ] を表示することができます。

[よく使うアプリ] を表示しておくことで、アプリをわざわざ探す必要がなくなります。効率化のために表示しておきましょう。

本記事では [よく使うアプリ] を表示/非表示にする方法をみていきます。また、[よく使うアプリ] から [特定のアプリ] を選んで非表示にすることもできるのであわせて紹介します。

スタートメニューに [よく使うアプリ] を表示する方法

それでは実際にスタートメニューに [よく使うアプリ] を表示する方法をみていきます。

①[Windowsロゴ] を右クリックし
②[設定] をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの [個人用設定] を選択し
②[スタート] を選択しましょう。

[よく使うアプリを表示する] を [オン] に

[よく使うアプリを表示する] を [オン] にしましょう。

よく使うアプリを確認

[よく使うアプリ] を確認してみましょう。

①[スタートボタン] をクリックし
②[すべてのアプリ] をクリックします。

すべてのアプリ

[すべてのアプリ] の上部に [よく使うアプリ] が表示されていることを確認することができます。

よく使うアプリから [特定のアプリ] を非表示に

よく使うアプリから [特定のアプリ] を非表示にする方法です。

[よく使うアプリ] の一覧から
①非表示にしたい [特定のアプリ] を右クリックし
②[詳細] から
③[この一覧に表示しない] を選択しましょう。

すると、[よく使うアプリ] から [特定のアプリ] を非表示にすることができます。

スタートメニューの [よく使うアプリ] を非表示にする方法

スタートメニューの [よく使うアプリ] を非表示にする方法をみていきます。

[よく使うアプリ] を非表示に
  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。
  2. 左メニューの [個人用設定] を選択し、[スタート] を選択しましょう。
  3. [よく使うアプリを表示する] を [オフ] にしましょう。
  4. これで [よく使うアプリ] が非表示になります。

グループポリシーで [よく使うアプリ] を表示/非表示

[Windows 11 Pro] を使っている場合は、グループポリシー・エディターを使って、[よく使うアプリ] を表示/非表示にすることができます。

グループポリシーで設定する手順
  1. スタートメニューの検索フォームに [gpedit] と入力し、[グループポリシーエディター] を起動しましょう。
  2. 次のパスに移動し
コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > タスクバーと [スタート] メニュー
  1. 「[スタート] メニューから [よく使う] の一覧を表示または非表示にする」をダブルクリックしましょう。
  2. ⅰ[有効] を選択し
    ⅱ[表示] [非表示]のどちらかを選び
    ⅲ[OK] をクリックします。
  3. これで [よく使うアプリ] が表示/非表示になります。

スタートメニュー関連の記事

Windows 11 スタートメニュー関連の記事です。あわせてご覧ください。