MENU

Windows11|スタートメニューにフォルダーを追加・削除する方法

Windows 11のスタートメニューによく使うフォルダーを追加・削除する方法を紹介します。

Windows 11のスタートメニューには次の2つの方法で、フォルダーを追加することができます。

  1. よく使うフォルダーをピン留め
  2. あらかじめ用意されたフォルダーを電源ボタンの横に追加

それでは実際にスタートメニューにフォルダーを追加してみましょう。また削除する方法も合わせてみていきます。

スタートメニューにフォルダーをピン留め

まずはスタートメニューにフォルダーをピン留めする方法をみていきます。

エクスプローラーを起動し
①ピン留めするフォルダーを右クリックし
②「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

①「スタートボタン」をクリックすると
②スタートメニューが表示されるので、右端にあるボタンをクリックし表示を切り替えます。

すると、このようにピン留めされたフォルダーを確認することができます。

これでよく使うフォルダーをスタートメニューにピン留めすることができました。

フォルダーの移動

スタートメニューにピン留めしたフォルダーは移動することができます。

一番上へ移動

①移動したいフォルダーを右クリックし
②「一番上へ移動」をクリックします。

すると、このようにフォルダーを一番上へ移動することができます。

ドラッグ&ドロップ

フォルダーをドラッグ&ドロップすると

このようにフォルダーを移動することができます。

ピン留めを外す

①フォルダーを右クリックし
②「スタートからピン留めを外す」をクリックします。

すると、スタートメニューからピン留めが外されます。

フォルダーを電源ボタンの横に追加

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「個人用設定」を選択
②「スタート」をクリックします。

スタートの設定です。
「フォルダー」をクリックします。

フォルダーを表示

電源ボタンの横に表示するフォルダーの設定です。

表示したいフォルダーを「オン」にしましょう。追加できるフォルダーは次の通りです。

  • 設定
  • エクスプローラー
  • ドキュメント
  • ダウンロード
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ネットワーク
  • 個人用フォルダー

すると、このように電源ボタンの横にフォルダーが追加されます。

フォルダーを非表示に

非表示にする場合は「オフ」にしましょう。

Windows 11 関連の記事

Windows 11 関連の記事です。合わせてご覧ください。