MENU

Excel(エクセル)を起動する方法 – Windows 11

Windows11で、Excel(エクセル)を起動する方法を紹介します。

Windows11にインストールしたExcelを

このように起動する方法を紹介します。

Excelを起動する方法はいくつかあるので、ひとつずつみていきます。

スタートメニューの「ピン留め」からExcelを起動する

スタートメニューの「ピン留め」からExcelを起動する方法です。

①[スタートボタン] をクリックし
②スタートメニューにピン留めされた [Excel] を起動しましょう。

Microsoft Office をインストールすると、[Word] [Excel] [PowerPoint] がスタートメニューにピン留めされます。
Office 365 をダウンロード・インストールする方法

スタートメニューの「よく使うアプリ」からExcelを起動する

スタートメニューの「よく使うアプリ」からExcelを起動する方法です。

①[スタートボタン] をクリックし
②[すべてのアプリ] を選択し

[よく使うアプリ] から [Excel] を起動しましょう。

スタートメニューに [よく使うアプリ] を表示する方法はこちらをご覧ください。
Windows 11 よく使うアプリを表示/非表示にする方法

スタートメニューの「すべてのアプリ」からExcelを起動する

スタートメニューの「すべてのアプリ」からExcelを起動する方法です。

①[スタートボタン] をクリックし
②[すべてのアプリ] を選択し

[すべてのアプリ] から [Excel] を起動しましょう。

スタートメニューの「検索」からExcelを起動する

スタートメニューの「検索」からExcelを起動する方法です。

①スタートメニューの [検索フォーム] に [excel] と入力し
②[開く] をクリックしましょう。

これで Excel が起動します。

タスクバーからExcelを起動する

タスクバーからExcelを起動する方法です。

タスクバーに [Excel] を追加し、そこからExcelを起動しましょう。

タスクバーにExcelを追加
  1. まずは [Excel] を起動し
  2. タスクバーの [Excel] を右クリックし
  3. [タスクバーにピン留めする] を選択します。
  4. これでタスクバーから [Excel] を起動することができます。

タスクバーにアプリを追加する方法の詳細はこちらを御覧ください。
Windows 11 タスクバーにアプリを追加する方法

エクスプローラーからExcelを起動する

エクスプローラーからExcelを起動する方法です。

次のパスへアクセスし、Excelを起動しましょう。

C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\EXCEL.EXE

Officeのバージョンによって、インストール場所は異なる場合があります。

PowerToysでExcelを起動する方法

PowerToysでExcelを起動する方法です。

PowerToysとは、Microsoftが開発するオープンソースのユーティリティ・ソフトウェアです。
PowerToysのダウンロード・インストールする方法 – Windows 11/10

ショートカット [Alt + Space] で、PowerToysのコマンドランチャーを起動し

[excel] と入力し、[Excel(アプリケーション)] を選択し、Enterキーを押しましょう。

コマンドランチャーを使う方法 – PowerToys – Windows 11/10

Excelの関連記事です。あわせてご覧ください。