Windows10 - コマンドランチャーを使う(PowerToys)

Last Update:

PowerToysを使って、Windows10でコマンドランチャーを使う方法を紹介します。

PowerToys

Microsoftが開発・配布している「PowerToys」を使えば、ショートカットキーで簡単に起動できる


コマンドランチャーを使用することができます。

マウスを使わずにキーボード操作だけで、ささっとアプリ・ファイルを起動・表示することができるので、便利です!

PowerToysのインストール

Microsoft PowerToys Run

まずはコマンドランチャーの設定を確認しましょう。


タスクバーの通知領域の「^」をクリックし


「PowerToys」アイコンをクリックしましょう。

Powertoys Settings



Powertoys Settingsです。①左メニューの「PowerToys Run」をクリックし、②PowerToys Runの有効化を「オン」にしましょう。

ショートカットキー


コマンドランチャーを起動するショートカットキーは「Alt + Space」です。お好みで変更することもできます。また「全画面表示モードでショートカットを無視する」こともできるので、必要であればチェックを入れましょう。


検索および結果と外観の設定です。次の項目をお好みで設定しましょう。

  • 結果の最大数
  • 起動時に前のクエリをクリアする
  • ファイル検索プラグインのドライブ検出時の警告を無効にする
  • モードの選択

コマンドランチャーの使い方

ショートカットーキー「Alt + Space」を押すと


コマンドランチャーが起動するので

なにか入力してみましょう(ここでは「edge」と入力)。


すると、このように検索結果が表示されます。ここでEnterキーを押せば


このように「Microsoft Edge」が起動します。

アイコンの詳細


検索結果の右端には小さなアイコンがあります。これをクリックすると結果結果に対して次のことを行うことができます。

  • 管理者として実行
  • 含んでいるフォルダーを開く
  • パスのコピー
  • コンソールでパスを開く


アイコンにマウスオーバーすると、どの操作を行うかを確認することができます。

ファイル・フォルダーを開く


検索結果からファイル・フォルダーを開くこともできます。

コマンドを起動

ファイル名を指定して実行」のように


コマンドを起動することもできます。

Windows10 の使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリ関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効に(削除)
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - バックグラウンドで実行しているアプリを停止する方法
  5. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  6. Windows10 に Windows Media Player をインストールする
  7. Windows10 - アプリ「アラーム&クロック」を使ってみた
  8. Windows10 - クリップボード履歴の設定と使い方(オン/オフ)
  9. Windows10 - 既定のアプリを選択(変更)する方法
  10. Windows10 - Internet Explorerをインストールする
  11. Windows10 - 既定(デフォルト)の Web ブラウザーを設定
  12. Windows10 - 手書き入力ノート・アプリ「Windows Journal」を使ってみた
  13. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  14. Windows10 - アプリ「People(アドレス帳)」を使ってみた
  15. Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定 - ショートカットキー

関連記事(一部広告含む)