MENU

エクセルの行と列を固定・解除する方法

Excel(エクセル)の行と列を固定・解除する方法を紹介します。

Excel(エクセル)で作成した

縦と横に長いテーブルの場合

縦方向にスクロールすると、上の項目(見出し)が見えなくなり

横方向にスクロールすると、左の項目(見出し)が見えなくなります。

こうなると何のテーブルなのか?どのセルがどの項目に該当するのか……さっぱりわからなくなります。仕事の効率が下がりそうですねぇ−。

そこで今回は次の3つの設定方法を紹介していきます。

  1. 行と列を固定・解除
  2. 先頭行の固定・解除
  3. 先頭列の固定・解除

作成したテーブルの形式に応じて、設定しましょう!

行と列を固定・解除

それでは行と列の固定・解除方法をみていきます。

行と列を固定(ウインドウ枠の固定)

このテーブルの例では[行1〜行2]と[列A〜列B]を固定したいので

①固定したい行と列の角(かど)のセルを選択します。この例では[行3]、[列C]をクリックします。
②[表示]タブを選択し
③[ウインドウ枠の固定]をクリック
④[ウインドウ枠の固定]をクリックします。

すると、ウインドウ枠が固定されます。

ちょっとわかりにくいですが、固定された行と列に薄っすらとグレーの線がつきます。

これで縦方向と横方向にスクロールしても、項目(見出し)が固定されたままになります。

見やすいですね!

行と列の固定を解除

固定が不要になったら、行と列の固定を解除しましょう。

①[表示]タブを選択し
②[ウインドウ枠の固定]をクリック
③[ウインドウ枠固定の解除]をクリックします。

これでウインドウ枠の固定が解除されます。

先頭行の固定・解除

それでは先頭行の固定・解除方法をみていきます。

先頭行を固定

テーブルが縦に長く、先頭行に項目(見出し)がある場合は先頭行を固定しましょう。

①[表示]タブを選択し
②[ウインドウ枠の固定]をクリック
③[先頭行の固定]をクリックします。

すると、先頭行が固定されます。

ちょっとわかりにくいですが、固定された行に薄っすらとグレーの線がつきます。

先頭行の固定を解除

固定が不要になったら、先頭行の固定を解除しましょう。

①[表示]タブを選択し
②[ウインドウ枠の固定]をクリック
③[ウインドウ枠固定の解除]をクリックします。

これで先頭行の固定が解除されます。

先頭列の固定・解除

それでは先頭列の固定・解除方法をみていきます。

先頭列を固定

テーブルが横に長く、先頭列に項目(見出し)がある場合は先頭列を固定しましょう。

①[表示]タブを選択し
②[ウインドウ枠の固定]をクリック
③[先頭列の固定]をクリックします。

すると、先頭列が固定されます。

ちょっとわかりにくいですが、固定された列に薄っすらとグレーの線がつきます。

先頭列の固定を解除

固定が不要になったら、先頭列の固定を解除しましょう。

①[表示]タブを選択し
②[ウインドウ枠の固定]をクリック
③[ウインドウ枠固定の解除]をクリックします。

これで先頭列の固定が解除されます。

Excelの見出し(タイトル)を固定して印刷する方法は?

ExcelのTips

その他、ExcelのTipsも合わせてご覧ください。