MENU

Excel – 開発タブを表示する方法

Excelに開発タブを表示する方法を紹介します。

目次

初期設定のタブ

Excelの初期設定のタブは

「ファイル」「ホーム」「挿入」「描画」「ページレイアウト」「数式」「データ」「校閲」「表示」「ヘルプ」で、「開発」タブはありません。

ということで、ここでは「開発」タブを表示する方法をみていきます。

開発タブを表示することでマクロ(VBAプログラム)を作成・実行できるようになります。

開発タブを表示

それでは実際に設定してみましょう。まずは、Excelを起動し

「ファイル」タブをクリックし

画面左下の「オプション」をクリックします。

Excelのオプション

Excelのオプションです。①左メニューの「リボンのユーザー設定」を選択、②「開発」にチェックを入れ、③「OK」をクリックします。

すると、このように開発タブがメニューに表示されます。

開発タブ

「開発」タブをクリックすると、開発タブのリボンが表示されます。開発タブのリボンでは次のような操作ができます。

  • コード
    • Visual Basic
    • マクロ
    • マクロの記録
    • マクロのセキュリティ
  • アドイン
    • アドイン
    • Excelアドイン
    • COMアドイン
  • コントロール
    • 挿入
    • デザインモード
    • プロパティ
    • コードの表示
    • ダイアログの実行
  • XML
    • ソース
    • 対応付けのプロパティ
    • 拡張パック
    • データの更新
    • インポート
    • エクスポート

タブ・リボンの変更をリセット

Excelで、変更したタブ・リボンを元に戻す(リセット)方法はこちらをご覧ください。

Microsoft 365の使い方

関連記事

目次
閉じる