Windows10 - レジストリのエクスポート - バックアップ

Windows10 のレジストリ・ファイルをエクスポートする方法を紹介します。

何かしらの理由で、レジストリを編集する場合! システムに大きな変更を加える場合! ……そんな場合は念のため、レジストリ・ファイルをエクスポート(バックアップ)しておくといいでしょう。

Windows10 - レジストリ・ファイルのバックアップ

それでは実際にエクスポートしてみましょう。


タスクバーのフォームに

「regedit」と入力し


「レジストリエディター」を起動しましょう。


ユーザーアカウント制御です。

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

「はい」をクリックしましょう。


レジストリエディターです。

上部メニューの「ファイル」をクリックし


表示されたメニューから「エクスポート」をクリックしましょう。


すると、「レジストリ・ファイルのエクスポート」というウィンドウが表示じされるので

保存したいフォルダーを選択

ファイル名を入力し


「保存」をクリックしましょう。

これでレジストリ・ファイルのエクスポートは完了です。


先ほど、選択したフォルダーをみてみると、このようにレジストリ・ファイルが保存されています。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  5. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  8. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  9. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  10. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  11. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - システムの基本情報を確認・表示

関連記事(一部広告含む)