Windows10 - バックアップを有効(オン)に - ドライブの追加

Last Update:

Windows 10 のバックアップ機能を有効(オン)にする方法を紹介します。

バックアップを有効にすると

ファイルを別ドライブにバックアップし、元ファイルが見つからない/壊れている/削除された……といった場合に復元することができます。

バックアップを有効にするには別ドライブが必要になります。

ここではバックアップ用にドライブを追加して、バックアップを有効(オン)にする方法をみていきます。

Windows10 - バックアップを有効(オン)に

それでは実際にバックアップを有効にしてみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「更新とセキュリティ」をクリックします。


左メニューの「バックアップ」をクリックしましょう。


バックアップの設定です。

ファイル履歴を使用してバックアップ
ファイルを別のドライブにバックアップし、元のファイルが見つからない場合、壊れている場合、または削除された場合に復元します。


「ドライブの追加」をクリックし


ドライブを選びましょう。

ここでは「Dドライブ」を選択しました。


これで「ファイルのバックアップを自動的に実行」が有効(オン)になりました。


バックアップに指定したドライブには「FileHistory」というフォルダが作成されます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  8. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  9. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  10. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  11. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)