MENU

Windows10 – システムイメージの作成(バックアップ)

Windows 10 のシステムをイメージとして保存し、バックアップする方法を紹介します。

システムイメージ

Windows のシステムをイメージとして、まるごと! 「ハードディスク」「DVD」「ネットワーク上の場所」などに保存する方法をみていきます。

保存したシステムイメージを使って、コンピュータを復元することもできるので、バックアップ方法を覚えておくと便利です。

Windows10 – システムイメージの作成(バックアップ)

それでは実際にシステムイメージを作成してみましょう。

検索ボックス


タスクバーのフォーム(検索ボックス)に「cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。

コントロールパネル


コントロールパネルです。「バックアップと復元(Windows 7)」をクリックします。


左メニューの「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成


システムイメージの作成です。バックアップの保存先を選択し、「次へ」をクリックしましょう。


ここでは「ハードディスク上」を選択しました。

バックアップの開始


「バックアップの開始」をクリックすると


このようにバックアップがはじまります。


バックアップが完了すると

システム修復ディスクを作成しますか?
Windows インストールメディアがない場合は、システム修復ディスクを今すぐ作成することをお勧めします。システム修復ディスクを使用すると、コンピューターイメージを再適用したり、別のシステム回復オプションにアクセスすることができます。

というポップアップが表示されます。ここでは「いいえ」を選択しました。


バックアップが正常に完了しました。「閉じる」をクリックします。

作成したシステムイメージでシステムを回復(復元)

Windows10の使い方や設定

関連記事