MENU

Windows10|コマンドプロンプトでアプリを削除する方法

Windows10のコマンドプロンプトでアプリを削除(アンインストール)する方法を紹介します。

コマンドプロンプトでアプリを削除

それでは実際に「コマンドプロンプト」を使って、アプリを削除してみましょう。

検索ボックス

①検索ボックスに「cmd」と入力
②「コマンドプロンプト」を右クリックすると

コマンドプロンプトの起動(管理者)

このようにメニューが表示されるので「管理者として実行」しましょう。

wmic(WMI)コマンド

コマンドプロンプトです。プロンプト「>」のあとに次のコマンドを入力し、Enterキーを押しましょう。

wmic

アプリを削除するために、Windows Management Instrumentation Command-line(WMIC)ソフトウェア・ユーティリティを使います。

このようなプロンプトが表示されれば、WMICのコマンドが実行できます。

wmic:root\cli>

アプリ名の確認

次のコマンドを実行しましょう。

prudoct get name

すると、このようにコンピューターにインストールされているアプリ(プログラム)名が表示されます。

アプリの削除

削除したいアプリ名を確認したら、次のコマンドを実行します。

product where name="アプリ名" call uninstall

ここでは例として「PowerToys (Preview)」というアプリを削除するので、次のコマンドを実行します。

product where name="PowerToys (Preview)" call uninstall

すると、「……Uninstall() を実行しますか?」と表示されるので、「Y」と入力しEnterキーを押しましょう。

このように「メソッドが正しく実行しました。」と表示されれば、アプリの削除は完了です。

Windows10 の使い方と設定

関連記事