MENU

Windows 10 - 休止状態を設定する方法(オン/オフ)

Windows 10 の休止状態を設定する方法(オン/オフ)を紹介します。

Windows の休止状態とは、現在の Windows の作業(アプリやプロセス)をディスクに保存して、PC の電源をオフにするシャットダウンのような機能のことです。PC の電源を再びオンにすると、ドライブに保存されている情報が読み出され、休止状態に入る前の作業に復帰することができます。

Windows 10 では、休止状態は有効(オン)にしないと使用できないので、ここでは設定(オン/オフ)する方法をみていきます。

休止状態を設定する方法は?

Windows 10 の休止状態を設定する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    スタートメニューの [歯車] をクリックし、[設定] を起動します。

  2. [システム] を選択する。

  3. [電源とスリープ] → [電源の追加設定] を選択する。


    ① 左メニューの [電源とスリープ] を選択し
    ② 下の方にある関連設定の [電源の追加設定] をクリックします。

  4. [電源ボタンの動作の選択] を選択する。


    左メニューの [電源ボタンの動作の選択] を選択しましょう。

  5. [現在利用可能ではない設定を変更します] をクリックする。

  6. [休止状態] を有効にする。


    ① [休止状態] にチェックを入れ
    ② [変更の保存] をクリックします。

    これで休止状態の設定は完了です。

  7. スタートメニューの [休止状態] を確認する。


    スタートメニューの電源ボタンから、コンピューターを [休止状態] にすることができます。

Windows 10 の人気記事