MENU

Windows 11/10 ネットワーク探索を有効(無効)にする方法

Windows 11/10 のネットワーク探索を有効(無効)にする方法を紹介します。

エクスプローラーの「ネットワーク」をクリックし、LAN(ローカルエリアネットワーク)内にあるデバイスをさがそうとしたところ

ネットワーク探索が無効です。ネットワークコンピューターとデバイスは表示されません。[ネットワークと共有センター]でネットワーク探索を有効にしてください。

というメッセージが表示され、デバイスをさがすことができませんでした。

ということで、ここではネットワーク探索を有効にする方法をみていきます。また、無効にする方法も合わせて紹介します。

ネットワーク探索を有効に

それでは実際に設定していきます。

①検索フォームから「control」を検索し
コントロールパネルを起動しましょう。

コントロールパネル

コントロールパネルです。
「ネットワークとインターネット」をクリックします。

ネットワークとインターネット

「ネットワークと共有センター」をクリックしましょう。

ネットワークと共有センター

左メニューの「共有の詳細設定の変更」をクリックします。

ネットワーク探索

ネットワーク探索です。

ネットワーク探索を有効にすると、このコンピューターは他のネットワークコンピューターやデバイスを参照することができ、また他のネットワークコンピューターからもこのコンピューターを参照することができます。

ネットワーク探索を有効に

①「ネットワーク探索を有効にする」を選択しましょう。
「ネットワークに接続されているデバイスの自動セットアップを有効にする。」も設定しましょう。
②「変更の保存」をクリックしましょう。

これで「ネットワーク探索は有効」になります。

ネットワーク探索を無効に

次の手順でネットワーク探索を無効にします。

手順
  1. 「control」を検索し、コントロールパネルを起動します。
  2. コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」をクリックします。
  3. 左メニューの「共有の詳細設定の変更」を選択
  4. 「ネットワークの探索を無効にする」を選択し、「変更の保存」をクリックしましょう。
  5. これで「ネットワーク探索は無効」になります。

Windows 11/10の関連記事

Windows 11/10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。