Windows 10 - パスワード保護共有を有効にする/無効にする方法

windows 10 password protected sharing

Windows 10 パスワード保護共有を無効にする方法する方法を紹介します。

パスワード保護共有が有効の場合、このコンピューターでユーザーアカウントとパスワードと持つ人のみが、共有ファイル・パブリックフォルダー・プリンターにアクセスすることができます。

ここでは「コントロールパネル」からパスワード保護共有を有効にする/無効にする方法をみていきます。

パスワード保護共有を無効にする方法は?

Windows 10 パスワード保護共有を無効にする方法は次の手順です。

  1. [コントロールパネル] を起動する

    how to disable sharing files password in windows 10 01

    1. 検索フォームに [control] と入力し
    2. [コントロールパネル] を起動しましょう。
  2. [ネットワークとインターネット] を選択する

    how to disable sharing files password in windows 10 02

  3. [ネットワークと共有センター] を選択する

    how to disable sharing files password in windows 10 03

  4. [共有の詳細設定の変更] を選択する

    how to disable sharing files password in windows 10 04
    左メニューの [共有の詳細設定の変更] をクリックしましょう。

  5. パスワード保護共有を無効にする

    how to disable sharing files password in windows 10 05

    1. すべてのネットワークの [パスワード保護共有を無効にする] を選択し
    2. [変更の保存] をクリックしましょう。

これで Windows 10 パスワード保護共有を無効にする方法の解説は終了です。

パスワード保護共有を有効にする方法は?

Windows 10 パスワード保護共有を有効にする方法は次の手順です。

  1. [コントロールパネル] を起動する。

    1. 検索フォームに [control] と入力し
    2. [コントロールパネル] を起動しましょう。
  2. [ネットワークとインターネット] → [ネットワークと共有センター] を選択する。

  3. [共有の詳細設定の変更] を選択する。

  4. パスワード保護共有を有効にする。

    すべてのネットワークの [パスワード保護共有を有効にする] を選択し、[変更の保存] をクリックしましょう。

これで Windows 10 パスワード保護共有を有効にする方法の解説は終了です。

Windows 10 の人気記事