今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

スポンサーリンク

Windows10 のスタートアップに指定したアプリを登録する方法を紹介します。

スタートアップに登録したアプリは、Windows起動時(サインイン時)に自動起動するようになります。

「メーラー」「スケジュール管理」「ToDo」アプリを登録しておくといいかもしれませんね。

スタートアップに登録

それではアプリをスタートアップに登録していきます。

スポンサーリンク

windows-10-app-startup-01
ここではアプリ「メモ帳」をスタートアップに登録します。

登録するアプリのショートカットはデスクトップに置いておきましょう。

windows-10-app-startup-02
デスクトップの左下にマウスカーソルをもっていき

windows-10-app-startup-03
右クリックするとコンテキストメニューが表示されるので、その中から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

windows-10-app-startup-04
すると、「ファイル名を指定して実行」という小さなウィンドウが表示されるので

windows-10-app-startup-05
「shell:startup」と入力し、「OK」をクリックします。

windows-10-app-startup-06
すると、エクスプローラーの「スタートアップ」フォルダーが表示されます。

「スタートアップ」フォルダーのフルパスは次の通りです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

「shell:startup」というコマンドを使わなくても、次のようにフォルダーを辿れば、「スタートアップ」フォルダーを表示することができます。

Cドライブ
→ ユーザー
→ ユーザー名
→ AppData
→ Roaming
→ Microsoft
→ Windows
→ スタートメニュー
→ プログラム
→ スタートアップ

windows-10-app-startup-07
さて、アプリ「メモ帳」のショートカットを

windows-10-app-startup-08
「スタートアップ」フォルダーに移動します。

windows-10-app-startup-09
コンピューターを再起動し、もう一度サインインしてみましょう。

windows-10-app-startup-10
サインインすると、自動的にアプリが起動します。

スポンサーリンク

関連記事と広告