Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動

スポンサーリンク

Windows10 のスタートアップに指定したアプリを登録する方法を紹介します。

スタートアップに登録したアプリは、Windows起動時(サインイン時)に自動起動するようになります。「メーラー」「スケジュール管理」「ToDo」アプリを登録しておくといいかもしれませんね。

スタートアップに登録

それではアプリをスタートアップに登録していきます。


ここではアプリ「メモ帳」をスタートアップに登録します。

登録するアプリのショートカットはデスクトップに置いておきましょう。


スタートボタンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると


コンテキストメニューが表示されるので、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。


すると、「ファイル名を指定して実行」という小さなウィンドウが表示されるので


shell:startup」と入力し、「OK」をクリックします。


すると、エクスプローラーの「スタートアップ」フォルダーが表示されます。「スタートアップ」フォルダーのフルパスは次の通りです。

スポンサーリンク
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

「shell:startup」というコマンドを使わなくても、次のようにフォルダーを辿れば、「スタートアップ」フォルダーを表示することができます。

Cドライブ
→ ユーザー
→ ユーザー名
→ AppData
→ Roaming
→ Microsoft
→ Windows
→ スタートメニュー
→ プログラム
→ スタートアップ


さて、アプリ「メモ帳」のショートカットを「スタートアップ」フォルダーにドラッグ&ドロップしましょう。


これでOKです。


スタートメニューから


コンピューターを再起動し、もう一度サインインしてみましょう。


再起動後にサインインすると、スタートアップに登録したアプリが自動起動します。

関連記事(一部広告含む)