Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動

Last Update:

Windows10 のスタートアップに指定したアプリを登録する方法を紹介します。

アプリをスタートアップに登録

アプリをスタートアップに登録すると、Windowsの起動時にアプリを自動で起動してくれます

頻繁に使用するアプリがある場合は、アプリをスタートアップに登録しておくといいでしょう。例えば、「Outlook」「スケジュール」「ToDo」アプリなどを登録しておくと便利です。

それでは実際にアプリをスタートアップに登録していきます。


ここではアプリ「メモ帳」をスタートアップに登録してみます。

スタートボタンを右クリック


スタートボタンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると


クイックアクセスメニューが表示されるので、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行


すると、「ファイル名を指定して実行」という小さなウィンドウが表示されます。

shell:startup


shell:startup」と入力し、「OK」をクリックします。

「スタートアップ」フォルダー


すると、エクスプローラーの「スタートアップ」フォルダーが表示されます。「スタートアップ」フォルダーのフルパスは次の通りです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ショートカットの追加


ここに登録したいアプリのショートカットを追加しましょう。


これで設定完了です。

アプリの自動起動を確認

それでは実際にアプリが自動起動するかどうかを確認しましょう。

スタートメニューからコンピューターを再起動


スタートメニューから


コンピューターを再起動し、もう一度サインインしてみましょう。

アプリの自動起動に成功


再起動後にサインインすると、スタートアップに登録したアプリが自動起動します。これで設定完了です。

管理者権限が必要なアプリを自動起動

アプリの自動起動をを無効に

Windows10の使い方や設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリ関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効に(削除)
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - バックグラウンドで実行しているアプリを停止する方法
  5. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  6. Windows10 に Windows Media Player をインストールする
  7. Windows10 - アプリ「アラーム&クロック」を使ってみた
  8. Windows10 - クリップボード履歴の設定と使い方(オン/オフ)
  9. Windows10 - 既定のアプリを選択(変更)する方法
  10. Windows10 - Internet Explorerをインストールする
  11. Windows10 - 既定(デフォルト)の Web ブラウザーを設定
  12. Windows10 - 手書き入力ノート・アプリ「Windows Journal」を使ってみた
  13. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  14. Windows10 - アプリ「People(アドレス帳)」を使ってみた
  15. Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定 - ショートカットキー

関連記事(一部広告含む)