MENU

Microsoft Teams を自動起動しないように(無効) - Windows 11 / Windows 10

Microsoft Teamsを自動起動しないようにする方法を紹介します。


パソコンを起動すると、自動起動する「Microsoft Teams」。

この自動起動は無効にすることができるので、ここではその方法をみていきます。

Microsoft Teams を自動起動しないようにする方法は?

Microsoft Teams を自動起動しないようにする方法は次の手順です。

  1. [Microsoft Teams] を起動する

  2. [ユーザーアイコン] → [設定] をクリックする


    Teamsのユーザーアイコンをクリックし


    「設定」をクリックします。

  3. Microsoft Teams の自動起動を [オフ] にする


    設定です。「アプリケーションの自動起動」からチェックをはずしましょう。

    これでOKです。

また、Windowsの設定からも自動起動しないように設定することができるので、合わせてみていきます。

Windows 10 の場合

  1. [設定] を起動する。


    スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

  2. [アプリ] を選択する。


    Windowsの設定です。「アプリ」をクリックします。

  3. [スタート] を選択する。


    左メニューの「スタート」をクリックします。

  4. Microsoft Teams のスタートを [オフ] にする。


    Microsoft Teams のスタートを


    「オフ」にしましょう。

これでOKです。

Windows 11 の人気記事