MENU

Windows 11 - Webカメラを無効にする・有効にする方法

Windows 11 のWebカメラを無効にする・有効にする方法を紹介します。

Windows 11 がマルウェアに感染してしまった! あるいは悪質なアプリによって、Webカメラがハッキングされ、個人情報・プライバシーが侵害されるリスクがあります。

Webによるオンライン会議が増えたので、Webカメラを取り付けている方も多いと思うので、Webカメラを使用していないときは、念のために今回紹介する方法で無効にしておくこといいでしょう。また、定期的なウイルスチェックも心がけましょう。詳しくは、Windows 11 ウイルス・スキャンを実行する方法をご覧ください。

Webカメラを無効にする方法は?

Webカメラを無効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ① [スタートボタン] を右クリックし
    ② [設定] を選択します。

  2. [Bluetoothとデバイス] → [カメラ] を選択する。


    ① 設定の左メニュー [Bluetoothとデバイス] を選択し
    ② [カメラ] をクリックしましょう。

  3. 無効にしたい [カメラ] を選択する。


    無効にしたい [カメラ] を選択しましょう(この例では「Surface Camera Front」)。

  4. カメラを無効にする。

    [無効にする] を選択し、[はい] をクリックしましょう。

Webカメラを有効にする方法は以下で解説していますので、引き続きご覧ください。

Webカメラを有効にする方法は?

Webカメラを有効にする方法は次の手順です。

  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。

  2. 設定の左メニュー [Bluetoothとデバイス] を選択し、[カメラ] を選択します。

  3. [有効にする] をクリックします。

Windows 11 の人気記事